【CLUB/DANCE】ベン・ブーマー (BEN BOHMER)「BLOOM」NINJA TUNE から最新作で日本デビュー

  • PORTAL
  • ニュース

2024.06.11

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン CLUB/DANCE


You TubeやSpotifyなど全サブスクで10億ストリームという驚異的な数字で現在世界中のエレクトロニック・ミュージック界で最も熱視線を浴びる才能・ベン・ブーマー(Ben Bohmer)が遂にCDとアナログ盤リリースで日本デビューを果たす。



全サブスク10億ストリーム!You Tube再生回数 3200万回越え!!Spotifyの月間リスナー数300万人到達!!
世界中のエレクトロニック・ミュージック界で最も熱視線を浴びる超巨大新星、ベン・ブーマーが最新アルバム『Bloom』と共に遂に日本デビューを飾る!!

前作を引っ提げたワールド・ツアーは、何カ月も前に全日程がソールドアウトするという記録的な成功を収めた。そのツアーが終了すると、ベン・ブーマーは、自分のための時間を確保し、彼を最も駆り立てる空間、つまりスタジオへ戻ることにした。彼が、自然発生的な創造性への情熱を心から注ぎ込み、深く複雑な感情を表現する技術を磨くことに徹底的に集中することができたのがスタジオだった。彼は画期的な成功を収めたデビュー・アルバム『Breathing』で悲しみに取り組み、その続編にあたる2021年の『Begin Again』では別離に取り組んだ。

これらのレコードの成功、今でも増え続ける10億回近いストリーミング再生やライブセットでオーディエンスとつながる彼の能力(2022年には200回以上のライブを行った)は、彼が望んでいたこととは相容れないと感じる道を歩むことを後押しした。多くの賞賛と完売イベントにもかかわらず、彼は自分自身ではない方向に引っ張られていた。本作『Bloom』はリセットであり、彼自身の願望と、より即興的な原点を自信をもって再確認するものだ。『Bloom』では、私たちはベンの成長そして、日ごとに、シーズンごとに、彼をスタジオに引き戻す、新しさを追求する喜びを聞き、感じることができる。

このアルバムには、彼のキャリアにおける初期のトラックが伏線のように感じられるような、幅広いなスタイルとテンポがフィーチャーされている。ベンの音楽とライブ・パフォーマンスは、ファンやインフルエンサー達から広く称賛されている。2023年には、Spotifyの月間リスナー数300万人を達成すると同時に、史上最大の北米ライブツアーを完遂した。
彼のCercleセットは3,200万ビューを突破し、YouTubeの歴代のエレクトロニック・ミュージック・セット再生回数トップ10に入っている。フェスティバルでは、カリブー、フォー・テット、バイセップ、ジェイミーXX、アメリー・レンズらとステージを共にし、2022年にはイビサのオープンエア・クラブ、Cova Santaで4夜連続のレジデンシー「Portraet」をスタート、バリー・キャント・スウィム、HAAi(ハーイ)、ソフィア・コルテシスなどが彼と共演を果たした。
(メーカー・インフォメーションより)



[ ソングリスト]
01. Martin
02. Hiding (feat. Lykke Li)
03. Best Life (feat. JONAH)
04. Memory Cassettes
05. Beautiful (feat. Malou)
06. Faithless (feat. Erin LeCount)
07. Rust
08. Evermore (feat. Enfant Sauvage)
09. Rain (feat. Max Milner)
10. The Sun (feat. Oh Wonder)
11. Blossoms





最新ニュース