【JAZZ】<予約>奇跡の発掘!ジェシー・ハリスとレベッカ・マーティンによる伝説のユニット「ワンス・ブルー」の96年ライヴ音源が発売決定

  • PORTAL
  • ニュース
  • 2018.07.13

    2018.07.13

    ディスクユニオン JAZZ

    奇跡の発掘!
    現代ジャズ・ヴォーカル・サウンドの重要なルーツともなったジェシー・ハリスとレベッカ・マーティンによる伝説のユニット「ワンス・ブルー」の96年ライヴ!
    カート・ローゼンウィンケル他も参加!!

    ワンス・ブルーは2年間だけ活動したジェシー・ハリスとレベッカ・マーティンによる伝説のユニット。当時交際していた二人が1995年に結成しCapitolから『Once Blue』をリリース(1997年解散)。カート・ローゼンウィンケル他が参加したこのアルバムはNYマナーに則り、ジャズとフォークが交差するサウンド、ジャズ・ミュージシャン演奏との親和性等、数年後にブレイクし大きな潮流を作るノラ・ジョーンズはもちろん、現代におけるベッカ・スティーヴンス等にもつながっていくマイルストーン的作品。サウンド/ヴォーカル唱法/作曲とあらゆる面から今のジャズ&ヴォーカル・シーンにつながる萌芽となった重要作として知られている。

    このライヴは唯一のアルバム発売の翌年1月にサウスカロライナ「The Handlebar」で行われたライヴで、1曲を除きすべて二人の共作かジェシー・ハリス作。参加ミュージシャンはカート・ローゼンウィンケル(g)、ベン・ストリート(b)、ビル・ドブロウ(ds)。アルバムでしか聴けなかった温かみのあるサウンドと各ミュージシャンの妙技が見事に再現されているばかりか、今回初登場となる曲も6曲演奏されている。海外発売は未定。

    レベッカ・マーティンは、今年になってからソロ1st『ソローフェア』(1999)が国内アナログ化されるなど、キャリア初期の活動が再評価されている。

    1996年1月19日 サウスカロライナ「ハンドルバー」LIVE録音

    ワンス・ブルー:
    レベッカ・マーティン (vo)
    ジェシー・ハリス (vo, ac.g)

    WITH
    カート・ローゼンウィンケル(el.g)
    ベン・ストリート(b)
    ビル・ドブロウ(ds)
    ※冒頭MCと11曲目に一部ノイズが入りますが、これはオリジナル・マスターに起因するものです。ご了承下さい。

    • 前の記事へ

      【CLUB/DANCE】高田みどり 20年振りの新作は過去〈WARP〉リリース、NYCのアーティストとのコラボ作品「LE RENARD BLEU」

      PORTAL

      2018.07.13

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【LATIN】【予約】 ついについに... 誰もが待ち望んでいた21世紀のブラジル音楽ガイドが刊行決定! ガイドブック連動コンピレーションCDも同時発売!

      PORTAL

      2018.07.13

    • 一覧へ戻る