【OLD ROCK】ETERNAL GROOVES新作! デヴィッド・ボウイ最初期シングル&レア音源集『ザ・モッド・イヤーズ 1964-1967』!

  • PORTAL
  • ニュース
  • 2019.02.12

    • LINE

    • メール

    ディスクユニオン OLD ROCK


    ボウイ前夜!天才のピュアなきらめきが溢れる全28曲。
    初期'64-'67年の全シングルを年代順に収録!
    デモバージョン&アセテート音源も徹底収録。
    ジミー・ペイジ参加の「I PITY THE FOOL」は歌詞違いの2バージョン。
    ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

    デヴィッド・ボウイがデッカ傘下のデラムレコードからデビューする前に発表した全シングル6枚(12曲)を、すべてオリジナル・シングル・バージョンで収録し、その別バージョン、未発表デモ&アセテート音源などデビュー前の現存する貴重音源を徹底的に収録した決定版が登場。

    当時のブリティッシュ・バンドやモッズシーンに影響を受けたR&Bロックサウンドと、17歳の初々しいボウイのボーカル。これら初期音源は、敏腕プロデューサー、シェル・タルミーによる制作で、デッカやパーロフォン、パイ・レコードなど名門レーベルで録音された音源はクオリティも抜群!それもそのはず、エンジニアはビートルズ、ストーンズ、ザ・フー、ZEPなどの録音で知られるグリン・ジョンズ。

    ディヴィー・ジョーンズ&ザ・キング・ビーズ名義でのデビューシングル「LIZA JANE」、「ザ・マニッシュ・ボーイズ」名義の「I PITY THE FOOL」にはジミー・ペイジのギターソロも!ザ・ロウワー・サードやザ・バズをバックに録音する頃には独特のボウイ風メロディも既に垣間見え、隠しようがない才能の煌きが聴きとれます。

    しかしヒットには繋がらなかった不遇の時代。ボウイは複数のレコード会社でデモ・レコーディングを残していて、ここにはそのアセテート盤から貴重なデモ音源も12曲収録。デビュー・アルバム収録の「愚かな少年」(SILLY BOY BLUE)は全くの別アレンジ。タイトなロックギターサウンドの未発表曲「THAT'S A PROMISE」、有名曲「愛は火曜日まで」(LOVE YOU TILL TUESDAY)の初期デモバージョンなどどれものちのボウイを予感させる貴重な音源です。

    シングルの別バージョンでは、歌詞が違う「I PITY THE FOOL」や間奏とエンディングのギターソロが違う「YOU'VE GOT A HABIT OF LEAVING」などコレクターが探しているレア音源も収録しています。

    ロックの時代を彩った稀代の天才アーティス、デヴィッド・ボウイが過ごした不遇の時代。しかしそこには煌くばかりの才能が残されていました。

    当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。
    ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

    日本著作権協会JASRAC許諾商品
    GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ

    1CD(通常プラケース)/国内盤/日本語帯付
    • 前の記事へ

      【PUNK】【2タイトル同時リリース!】TOM AND BOOT BOYS 95年~96年未発表音源が7"レコード化!!

      PORTAL

      2019.02.12

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【JAZZ】サラ・ガザレク(vo)単独オリジナル・アルバムとしては7年ぶりの最新作「サースティ・ゴースト」発売決定

      PORTAL

      2019.02.12

    • 一覧へ戻る