【OLD ROCK】BOWIE & HUTCHのデュオによる宅録一発録りデモ音源集が発掘1LPボックス・リリース!

  • PORTAL
  • ニュース
  • 2019.06.11

    • LINE

    • メール

    ディスクユニオン OLD ROCK


    BOWIE初のヒットとなった69年"SPACE ODDITY"の50周年を記念して『SPACE ODDITY』期69年春のデモ音源第3弾が発掘1LPボックス・リリース!

    2NDアルバム『DAVID BOWIE』からの先行カット・シングルとして69年7月11日にシングル・リリース、ほどなくチャート1位を獲得し、BOWIE初のUKヒットとなった初期の代表曲"SPACE ODDITY"。スタンリー・キューブリック監督「2001年宇宙の旅」に影響を受けて作られた本作ですが、発売から5日後7月16日のアポロ11号の打ち上げ(月面着陸はさらに8日後の7月24日)という歴史的出来事とも相まって世界的にも大ヒットを記録しています。

    その50周年を記念し、未発表音源集4X7"シングル・ボックス『SPYING THROUGH A KEYHOLE』、未発表自宅レコーディング集3X7"シングル・ボックス『CLAREVILLE GROVE DEMOS』に続き、BOWIE & HUTCHのデュオによる 当時BOWIEが住んでいたロンドンのフラットにおけるMERCURY用宅録セッション音源が発掘アナログ音盤化。

    DAVID BOWIEのヴォーカル、ギター、スタイロフォンと、トリオTHE FEATHERSでもともに活動した盟友JOHN 'HUTCH' HUTCHINSONのギター/ヴォーカルという当時デュオで活動していたBOWIE & HUTCHによるセッション・レコーディングは、元々MERCURY RECORDSのA&RマンCALVIN MARK LEEの要請で彼のボスBOB RENOに聞かせるために執り行われ、のちの米MERCURY/英PHILIPSとの契約に繋がった41分の貴重な録音。REVOXのオープン・リール・テープ・レコーダーにライヴ一発録りされた全10曲のアーリー・デモ音源です。

    このデモ音源からの"SPACE ODDITY"のヴァージョンは、89年/03年のボックス・セット『SOUND & VISION』にもエディット収録されていましたが、オリジナル・ヴァージョンでのお目見えは今回が初となります。

    ほか、のち70年のシングルB面となる"CONVERSATION PIECE"、アルバム・トラック"JANINE"のBEATLESの"HEY JUDE"のメロディを19秒差し挟んだヴァージョンといったBOWIEのオリジナル楽曲に加え、最初期ROXY MUSICにも参加し同年69年のソロ唯一作『PIECE OF MIND』でも知られる英国アングラ・ギタリストROGER BUNNのペンによるヴォーカル/インストゥルメンタル・カルテットDJINN楽曲"LIFE IS A CIRCUS"カヴァー(『CLAREVILLE GROVE DEMOS』とは別音源)、のちELTON JOHNの持ち歌として名を馳せるLESLEY DUNCAN楽曲"LOVE SONG"など全10曲。もちろんすべて完全未発表のファン垂涎の一枚となっています。

    LPのラベルは 『SPYING THROUGH A KEYHOLE』や『CLAREVILLE GROVE DEMOS』同様のEMIDISCのアセテートを模した仕様。デュオのツー・ショットを収めた一枚のプリント、2枚のフォト・コンタクト・シート、MARK ADAMSによるスリーヴ・ノーツを収納したオリジナル・テープ・ボックスのレプリカ装。ボックスにはBOWIE自身の手書きソング・タイトルがあしらわれています。


    • 前の記事へ

      【METAL】【オリジナル特典】札幌発Leopardeathの1stフルアルバム『雪月風花』:デモ音源(未公開曲)収録CD-R!!

      PORTAL

      2019.06.11

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【CLUB/DANCE】ANDRAS FOX + JOHN TANNERによるWILSON TANNERが2nd LPをリリース

      PORTAL

      2019.06.11

    • 一覧へ戻る