【METAL】【オリジナル特典】中近東フレーバー・テクニカル・デス・メタル、NILEのニュー・アルバム『VILE NILOTIC RITES』:缶バッチ

  • PORTAL
  • ニュース
  • 2019.10.23

    • LINE

    • メール

    ディスクユニオン HARDROCK & HEAVYMETAL


    ナイル4年ぶり9枚目のニュー・アルバム。テクニカル、ヘヴィ、ブルータル。そしてもちろん今回もエジプト色全開。新メンバー、ブライアン・キングズランド(ギター/ヴォーカル)を迎え、久々にトレードマークのトリプル・デス・ヴォーカル復活! !

    サウスカロライナ出身のデス・メタル・バンド、ナイルは、93年に現在残っている唯一のオリジナル・メンバー、カール・サンダース (ギター/ヴォーカル/キーボード) を中心に結成された。デモ2本とEPを発表したのち、リラプス・レコーズと契約。98年に『Amongst the Catacombs of Nephren-Ka』でアルバム・デビューを果たす。非常にテクニカルな楽曲、そして「ナイル」というバンド名にも表れているとおり、エジプトを中心とした中東文化への大きな傾倒という独自のスタイルを築き、エクストリーム・メタル界で大きな反響を呼ぶ。中近東風の楽器やメロディを取り込むというのは、ロックの世界ではむしろ常套句だが、ナイルの場合は別格だ。カールはブズーキなどの民族楽器を自ら演奏するだけでなく、その古代エジプト学に関する造詣の深さは玄人はだし。確固たる知識に裏付けされた楽曲、歌詞が、ナイルの音楽をリアルなものにしているのだ。00年に2ndアルバム『Black Seeds of Vengeance』、02年に3rdアルバム『In Their Darkened Shrines』、05年に4thアルバム『Annihilation of the Wicked』とリリースを重ねていくが、ナイルはとにかくメンバーチェンジが激しいバンド。この4枚はすべてメンバー構成が異なっている。その後、エクストリーム・メタル界最大手、ドイツのニュークリア・ブラスト・レコーズと契約。『Ithyphallic』(07年)、『Those Whom the Gods Detest』(09年)、『At the Gate of Sethu』(12年)、『What Should Not Be Unearthed』(15年)と、4枚のスタジオ・アルバムをリリース。ナイルは、07年のラウドパーク出演を含む5回の来日経験があるので、彼らのステージを体験しているメタルファンも少なくないことだろう。

    そしてこの度、9枚目となるアルバム、『ヴァイル・ナイロティック・ライツ』がリリースとなる。新メンバー、ブライアン・キングズランド(ギター/ヴォーカル) を迎えて製作された本作は、もちろんナイル・ワールド全開。ブルータルなデス・メタルがぎっしり詰まっている。テクニカルでヘヴィ、ときにエキゾティック。古いホラー映画のサウンドトラック・テイストも、アルバムに独特の雰囲気を添える。優れたギタリストというだけでなく、ブルータルなデス・ヴォイスもお手のものであるブライアンが加入したことで、トレードマークであったトリプル・ヴォーカル・アタックも復活。巨匠マーク・ルイスによるミックス・マスタリングもお見事。ジョージ・コリアス(ドラムス)が「ナイル史上最高の音質」であり、「言葉では表現できないほど素晴らしい音質」だと断言する通り、ヘヴィ、パワフルでありながら、リフの細部までがすべて聞き取れる、完璧なプロダクションに仕上がっている。テクニカル・デス・メタルのパイオニアの1つ、ナイルによる4年ぶりの新作。デス・メタル・ファンならば聞き逃す手はない。

    【メンバー】
    カール・サンダース(ギター/ヴォーカル/キーボード)
    ブライアン・キングズランド(ギター/ヴォーカル)
    ジョージ・コリアス(ドラムス/パーカッション)
    ブラッド・パリス(ベース/ヴォーカル)

    ※メーカー・インフォメーションより

    【発売日】
    2019年11月1日発売
    こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)



    ■■ ディスクユニオン オリジナル特典 ■■
    本作をご予約/お買い上げのお客様に、先着で “ 缶バッチ ” を差し上げます。
    缶バッチ (ジャケット・デザイン / サイズ:37mm×37mm/正方形)
    ディスクユニオン オリジナル特典
    ※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。





    • 前の記事へ

      【NOISE/AVANT】途方もなくディープなアンビエント・ミニマル! 伊打楽器集団ムーン・オン・ザ・ウォーターの85年作が再発

      PORTAL

      2019.10.24

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【OLD ROCK】DAVID BOWIE、 68年から69年にかけての集大成ボックス・セット『CONVERSATION PIECE』が5CDリリース! 『THE SPACE ODDITY ALBUM』のTONY VISCONTI 2019 MIXの単体CD/LP、国内盤も!

      PORTAL

      2019.10.23

    • 一覧へ戻る