【POP/INDIE】KING KRULEが3rdアルバム『MAN ALIVE!』をリリース!限定ソノシート付きLPあり!

  • PORTAL
  • ニュース
  • 2020.01.17

    • LINE

    • メール

    ディスクユニオン ROCK / POPS / INDIE


    前作はPitchforkのThe 20 Best Rock Albums of 2017では見事に一位を獲得!!月に吠えるストリートの詩人、キング・クルール。孤高の天才を更なる高みへと押し上げる新作完成!

    若干19歳で作り上げた『6 Feet Beneath the Moon』(2013年作)でデビューを飾ると、たちまち耳の早いリスナーから“神童”として注目を集め、続く19曲入りの大作『The Ooz』(2017年)に寄せられた高い評価でテン年代SSWの旗手の座を固めたキング・クルールことアーチー・イヴァン・マーシャルが約2年ぶりとなる3作目の最新作『Man Alive!』で新たなディケイドをスタートさせる。

    ティーンエイジ・ライフを囲む挫折・不安・ロマン・怒り・孤独をザラついた都会的なリリシズムに昇華した歌詞。フィフティーズのロックンロール、サーフ・ロック、ダブ、パンク、ヒップホップ、アーバン・ビート、ソウル、ジャズと幅広い影響を自己流にブレンドするネット世代のフュージョン感覚と、フラストレーションの咆哮からフラジャイルな独白まで自在な振れ幅を誇る、マッチ棒のような体躯からは想像もつかないバリトン・ヴォイス。そのオーガニックで感性豊かな音楽性に、イアン・デューリー、ポーグス、リバティーンズに至るビートなパンク詩人を生んだ母国イギリスはもちろん、ビヨンセやアール・スウェットシャツらアメリカ勢からもラヴコールが送られてきた。

    共同プロデュースおよびミキシングには前作に引き続きディリップ・ハリス(マウント・キンビー、サンズ・オブ・ケメット他)が参加、イグナシオ・サルヴァドーレス(Sax他)ら慣れ親しんだ顔ぶれの並ぶ『Man Alive!』は音楽的には『The Ooz』の延長線上にあると言える。しかしフィルターを通さず何もかも詰め込んだ前作に較べてコンパクトにまとまった本作は、夢想と現実、ヴァーチャルとリアルがシュールに交錯する抽象度の高い映像的なサウンドスケープの内側に聴き手を深く引き込んでいく。
    25歳になったキング・クルールの、ブルーにこんがらがった心理をじかに感じることができる1枚だ。
    日本盤CDはボーナストラックが4曲追加収録され、解説書・歌詞対訳を封入。限定輸入盤LPはホワイト・ヴァイナル仕様で、「Perfecto Miserable (Hey World! Version)」を収録したFlexiDisc付きもリリースされる。



    ※限定盤LPは現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。初回のみ、一回きりの入荷になる予定です。
    ※こちらの商品は入荷日が前後する場合がございます。あらかじめご了承下さい。



    • 前の記事へ

      【SOUL】日本の音楽シーンを支えるギタリスト"YUMA HARA"が"T-GROOVE"と組んでアノ衝撃作をカヴァー!

      PORTAL

      2020.01.17

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【PROGRE】グレン・プラウドフット 1/29: 新シリーズ'Technical Artisan'第2弾 超絶ギタリストによる'17年作『ファイアー・アンド・レイン』国内仕様盤発売決定!

      PORTAL

      2020.01.17

    • 一覧へ戻る