【日本のROCK】2/21発売 キーポン初のドーナツ盤登場!細野さんもミックスで参加です。

  • PORTAL
  • ニュース
  • 2020.02.14

    • LINE

    • メール

    ディスクユニオン 日本のロック


    “恐るべし10代!” KEEPON(16歳/高校1年生)初のドーナツ盤登場!

    1973年に細野晴臣が発表した名盤『HOSONO HOUSE』から「パーティー」と「終りの季節」をカヴァー!
    自宅スタジオにてひとりで多重録音されたKEEPON(当時15歳)の音源。その商品化にあたって、
    「パーティー」に細野晴臣自身が、「終りの季節」に久保田麻琴が、それぞれミックスで応援参加。

    ARBAN Recordsがアナログプレスをコーディネート。
    英ロンドン・アビーロードスタジオのマイルス・ショーウェルによりハーフ・スピードカッティングが施され、
    話題の最新鋭のレコードプレス機“WarmTone”による国内プレスでお届けします。

    ジャケットは、写真を『HOSONO HOUSE』も撮影した野上眞宏、デザインを岡田崇が担当。
    45回転7インチ・シングル盤+同内容のCDを同梱。

    そしてマニア心をくすぐる「OBI」つきです。