【CLUB/DANCE】トム・ミッシュの新作はユセフ・デイズとのコラボレーション

  • PORTAL
  • ニュース

2020.02.25

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン CLUB/DANCE


世界が待ち望んでいたトム・ミッシュの新作はユセフ・デイズとの運命的なコラボレーション!!
絶賛されたデビュー作『Geography』から丁度2年ぶりとなるニュー・アルバム!

幼少期から同じサウス・イースト・ロンドンの同じ地区に育った二人。子供のころから共に意識し合ってきた二人が初めて言葉を交わしたのは2018年に発表されたトムのデビュー作『Geography』のリリース・パーティー。即時に意気投合した二人はその夏からスタジオ入に入り、そこでのセッションは本作の核となった。本作はエクスペリメンタルなサウンド、"ルースでクレイジー"なアイディアで溢れるユセフと風変りなコード進行をキャッチーなメロディで紐通すことを得意とするトムとによる絶妙なケミストリー!アルバムの大半はトムがプロデュースを手掛けている。

※こちらの商品は数量限定盤になります。入荷枚数がショートする可能性があり、その場合代替品のご用意はいたしかねますので、予めご了承の上、ご注文をお願いいたします。

■「What Kinda Music」ミュージック・ビデオ:


[ ソングリスト ]
Disc 1
1. What Kinda Music
2. Festival
3. Nightrider (feat. Freddie Gibbs)
4. Tidal Wave
5. Sensational
6. The Real
7. Lift Off (feat. Rocco Palladino)

Disc 2
1. I Did it For You
2. Last 100
3. Kyiv
4. Julie Mangos
5. Storm Before the Calm (feat. Kaidi Akinnibi)
6. Saddle*
7. Tidal Wave Outro
8. Seagulls*


通常版ブラック・ヴァイナル、CD盤。

[ ソングリスト ]
Disc 1
1. What Kinda Music
2. Festival
3. Nightrider (feat. Freddie Gibbs)
4. Tidal Wave
5. Sensational
6. The Real
7. Lift Off (feat. Rocco Palladino)

Disc 2
1. I Did it For You
2. Last 100
3. Kyiv
4. Julie Mangos
5. Storm Before the Calm (feat. Kaidi Akinnibi)




バイオグラフィー -----
【トム・ミッシュ】
南ロンドン出身、ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ディスコ等のジャンルを融合したマルチ・プレイヤー/プロデューサー。2018年、デ・ラ・ソウル等をフィーチャーした『ジオグラフィー』でアルバム・デビュー。ここ日本でも大ブレイクを果たし、昨年実現した単独公演は軒並みSOLD OUTの大成功を収めた。FKJ、マイケル・キワヌーカの他、日本では星野源とコラボ、昨年発表のEP『Same Thing』収録の「Ain’t Nobody Know」で共同プロデュースしている。


【ユセフ・デイズ】
新進気鋭のイギリスのジャズ・ドラマーであるユセフは、Giles Petersonが惚れたユニットYussef Kamaalの片割れ。二人の兄弟と組むアフロ・ジャズ・カルテット、United Vibrationsとしても活動。70年代のファンクからセネガルのパーカッションまで幅広く世に発信している。



  • 前の記事へ

    【PUNK】ワシントンDCの重要人物 Ian MacKaye率いる話題沸騰中バンド"CORIKY" 1stアルバム発売決定

    PORTAL

    2020.02.25

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    【お知らせ】特選! 週間リリースタイトル (2020/2/25 ~ 2020/3/2)

    PORTAL

    2020.02.21

  • 一覧へ戻る