【PUNK】ワシントンDCの重要人物 Ian MacKaye率いる話題沸騰中バンド"CORIKY" 1stアルバム発売決定

  • PORTAL
  • ニュース

2020.02.25

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン PUNK


アメリカン・パンク/ハードコアのみならずインディペンデントなロックの歴史を辿るうえで外すことができないワシントンDCの重要人物Ian MacKaye(Dischord Recordsオーナー、TEEN IDLESMINOR THREATFUGAZI、EVENSなど)と、Ianの妻にしてTHE EVENSでも活動を共にしたAmy Farina、そして長年FUGAZIで活動を共にしてきたJoe Lally。この3名によって2018年に結成され水面下で活動を続けてきた超絶期待の新バンド、CORIKYによる2020年デビューアルバム。リリースはもちろんDischord、レコーディングはもちろんInner Ear Studios。

今作はIanがボーカル/ギター、Joeがベース、Amyがドラムという編成。先行で聴けるオープナー「Clean Kill」は、EVENSを思わせるシンプルなオーガニックさと、IanとJoeならではの心地よい緊張感を携えたアンサンブルを軸に、Ianの不変の歌声とAmyとのハーモニー、そしてバンド編成らしいダイナミックな展開も交えたアルバム本編に期待しか沸かない好ナンバー。FUGAZIの事実上の活動停止からおよそ20年、その後結成したEVENSも近年は活動が途絶えている中、Ianの動向に注目していた世界中のファンが待ち望んだ今作は、2020年、そして20年代の始まりを象徴する一枚になるのは間違いない。

[ 収録曲 ]
1. Clean Kill
2. Hard to Explain
3. Say Yes
4. Have a Cup of Tea
5. Too Many Husbands
6. BQM
7. Last Thing
8. Jack Says
9. Shedileebop
10. Inauguration Day
11. Woulda Coulda

※こちらの商品は輸入品のため、入荷日が前後する場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※収録曲・仕様は予告なく変更になることがあります。あらかじめご了承下さい。

  • 前の記事へ

    【日本のROCK】3/18発売★特典付★downy 待望3年半ぶりのフルアルバムにディスクユニオン限定特典決定!

    PORTAL

    2020.02.25

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    【CLUB/DANCE】トム・ミッシュの新作はユセフ・デイズとのコラボレーション

    PORTAL

    2020.02.25

  • 一覧へ戻る