【METAL】【オリジナル特典】メロディック・デス/メタルコアを極めたTHE BLACK DAHLIA MURDERのニュー・アルバム:缶バッジ付き!!

  • PORTAL
  • ニュース
  • 2020.03.24

    • LINE

    • メール

    ディスクユニオン HARDROCK & HEAVYMETAL


    アメリカン・メロディック・デス・メタルの悪の華 ザ・ブラック・ダリア・マーダー、第9の襲撃。毒蟲が皮膚を突き破るエクストリーム・サウンドに身を投じろ!

    アメリカン・メロディック・デス・メタルを極めて20年。ブライアン・エスクバック(ギター)とトレヴァー・スターナド(ヴォーカル)をバンドの軸にして、ザ・ブラック・ダリア・マーダーは圧倒的なエクストリーム・サウンドで突き進んできた。

    前作『ナイトブリンガー』(2017)から加入したブランドン・エリス(ギター)が制作作業に深く関わり、共同プロデューサーとしてもクレジットされた最新アルバム。前作は全米チャート35位というヒットを記録したが、メインストリームに対する妥協のかけらもなく、その殺傷力はさらに高まるばかりだ。 「俺たちのサウンドをぶちかますだけ。変化しようとも、同じことをしようとも思わない」とブライアンが語る本作。過去の彼らをメロディック・デス・メタルの覇者たらしめた血と肉を切り刻むギター・リフ、骨を叩き折るドラムス、動物の吠え声にも似たデス・ヴォイスがさらに増幅されながら、聴く者を襲う。作品を追うごとに激化していく彼らのサウンドが臨界点を突破した瞬間がここにある。

    デビュー以来、闇の住人たちを描いてきた彼らだが、そのトータル性は本作でも貫かれている。「チャイルド・オブ・ナイト」「サンレス・エンパイア」といったナンバーはもちろん、心臓に杭を打ち込まれ息絶える吸血鬼を描く「リムーヴァル・オブ・ジ・オークン・ステイク」、1888年ロンドンの連続殺人鬼“切り裂きジャック”を歌った「ザ・レザー・エプロンズ・スコーン」、自らの患者を死に至らしめる医者についての「ハウ・ヴェリー・デッド」など、猟奇的な題材がひたすら続く。そんな音楽と歌詞が有機的に絡み合うことによって、本作は始まったばかりの2020年代という新時代を黙示録の向こうへと追いやる作品へと昇華されている。

    アルバム発表と同時に、彼らはツアーを開始。南アフリカ公演やフランス“ヘルフェスト”、イギリス“ブラッドストック”などで世界を蹂躙していく。闇に棲むエクストリーム・メタルの害獣たち(ヴァーミナス)が野に放たれるときが来た!

    【メンバー】
    ブライアン・エスクバック(ギター/ヴォーカル)
    トレヴァー・スターナド(ヴォーカル)
    マックス・ラヴェル(ベース)
    アラン・キャシディ(ドラムス)
    ブランドン・エリス(ギター)

    【収録曲】
    01. ヴァーミナス
    02. ゴッドレスリー
    03. リムーヴァル・オブ・ジ・オーケン・ステイク
    04. チャイルド・オブ・ナイト
    05. サンレス・エンパイア
    06. ザ・レザー・エプロンズ・スコーン
    07. ハウ・ヴェリー・デッド
    08. ザ・ワーワームズ・フィースト
    09. ア・ウーム・イン・ダーク・クリサリス
    10. ドーン・オブ・ラッツ
    11. セイバー・ザ・ドッグ・テーマ《日本盤限定ボーナストラック》

    ※メーカー・インフォメーションより


    【発売日】 2020年4月17日発売
    <こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
    お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)






    ■■ ディスクユニオン オリジナル特典 ■■
    本作をご予約/お買い上げのお客様に、先着で “ 缶バッジ ” を差し上げます。
    缶バッジ (ジャケット・デザイン / サイズ : 37mm×37mm 正方形)
    ディスクユニオン オリジナル特典
    ※特典は先着となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。