【CLUB/DANCE】吉村弘の幻のアンビエント「GREEN」が正規リイシュー

  • PORTAL
  • ニュース
  • 2020.03.25

    • LINE

    • メール

    ディスクユニオン CLUB/DANCE


    日本のアンビエントのパイオニアにして、世界的な再評価を受ける吉村弘。氏の作品の中でも最高峰の入手難度を誇る1986年の「GREEN」が正規リイシュー!

    手掛けるのは2020年のグラミー賞にノミネートされたコンピレーション「KANKYO ONGAKU:JAPANESE AMBIENT ENVIRONMENTAL & NEW AGE MUSIC 1980-90」でこれまで以上に注目が集まった〈LIGHT IN THE ATTIC〉。

    1985年から86年にかけて氏のホームスタジオで録音された本作。バブルが始まりつつあった当時に背を向けるように、せわしなさとは距離をとってゆったりとしたデザインの楽曲が並ぶ。自然のサイクルとしての色である「緑」をテーマに、YAMAHAのFMシンセサイザーで奏でられる暖かく柔らかなサウンド。

    世界中のコレクターたちが最高レベルで入手できないと嘆いていた本作を世界初オフィシャル・リイシュー。


    ※輸入盤CD、帯、ブックレット付属



    [ ソングリスト ]
    1.CREEK
    2.FEEL
    3.SHEEP
    4.SLEEP
    5.GREEN
    6.FEET
    7.STREET
    8.TEEVEE