【POP/INDIE】神出鬼没プロデューサーKRAMER、スロウコアな新プロジェクトのデビュー作を名門JOYFUL NOISEから!!

  • PORTAL
  • ニュース

2020.06.30

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン ROCK / POPS / INDIE


※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。
※ご予約頂いても商品がご用意できない場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。
※こちらの商品は入荷日が前後する場合がございます。あらかじめご了承下さい。


長年USインディーを支えるプロデューサーKRAMER、唄モノに寄った新ユニットの初作をJOYFUL NOISEから!!

カルトレーベルSHIMMY-DISC創設者、BUTTHOLE SURFERS、GALAXIE500、JOHN ZORNといった名USインディー、奇才達との共演と30年以上に渡りNY発でインディーロックを盛り上げるKRAMER。2020年夏にニュープロジェクトであるLET IT COME DOWN名義でデビュー作「SONGS WE SANG IN OUR DREAMS」を名門JOYFUL NOISEから堂々リリース!!
イギリス出身のシンガーXAN TYLERを迎えて制作された本作は、フォーキー/スロウコアを基調に彼女の唄の立ちっぷりとKRAMERの冷えた方向のアレンジが噛み合わさった好投盤!!ブライアン・ウィルソンやLOVEが愛用した機材と同じ型の物で組み立てられた全12曲。ピアノのキレが後期ビートルズやJEFF BUCKLEYを彷彿とさせるじんわりポップス『Forget』、LOWばりのスロウコア爆発なヒンヤリ冷たい、けど温和な音も登場する『Vicky』、2曲目にしてクライマックスな感傷を誘う憂い寂しいアレンジが刺さる『Monday』と意外と12曲それぞれがバラエティに富んでいます。
MOUNT EERIE、MAYA HAWKE、WILLIAM TYLERと近年のインディーフォーク/スロウコア達へのKRAMERからの回答とも言えそうな強力な1枚!!



  • 前の記事へ

    【PROGRE】矢吹卓 7/7: 高円寺百景メンバー ソロ・プロジェクト最新作『モダン・ワールド・シンフォニーNO.3』発売決定!!

    PORTAL

    2020.06.30

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    【REGGAE】世界中のセレクターが待望していたALTON ELLISのソウル&ファンキー・チューンを初7インチ化!B面にはEDDIE FLOYDのカバー!

    PORTAL

    2020.06.30

  • 一覧へ戻る