【PUNK】【情報解禁】BRAHMAN feat. ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)「ラストダンス」以来3年ぶりとなるコラボ作が再び実現。

  • PORTAL
  • ニュース

2020.08.07

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン PUNK




コロナ禍の今、BRAHMAN とILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB) が再びペンを走らせ、音を刻み、
世界的コラージュ・アーティスト河村康輔によるアートワークで新たな幕開けを告げる

■2017年4月にリリースした『不倶戴天-フグタイテン-』に収められた「ラストダンス」以来3年ぶりとなる再びのコラボレーションが実現。「CLUSTER BLASTER」は90's的でヒリついたギターのヘヴィリフの上で、<ここは合衆国保護領 ようこそ 地獄決定行きだぜ お前等 税金泥棒>と始まるILL-BOSSTINO のラップが牽引する、ストレートなミクスチャーナンバー。途中でTOSHI-LOW がBOSS からバトンを受け取り、クリーンなコーラスをバックに<過去の過ちも未来の不安も見えないふりをしながら 誰のための社会が作り出されていくんだよ>といった嘆きや怒りを吐き出していく。どのリリックも研ぎ澄まされている。どの瞬間も聴き逃がせない。言葉は丁寧に積み重ねられながらも、サウンドは生々しい。瞬発力と技巧が溶け合ったレベル・ソングとなっている。

■続く「BACK TO LIFE」では一転し、<言いたい事を言い合った お互いの事を知ったから そんなこんなで空きっ腹 そろそろ皆で飯でも行かない?>というBOSS のラップで始まるレイドバックしたナンバー。ただ怒りをぶつけているばかりではない。仲間同士で酒を飲み交わす時間もまたリアル。これは何も彼らだけに特別なことではなく、多くの人々が共有できる感覚のはず。<フロウ><ラコス><幡ヶ谷駅前横断歩道>といった固有名詞の数々になぜだか心があたたまる。こんなふうにして、2020 年、日本の片隅のリアルがこの10分強に凝縮されているのである。

■また今作では世界的コラージュ・アーティスト、グラフィック・デザイナーの河村康輔がアートディレクターを務めている。「大友克洋GENGA 展」におけるメイン・ビジュアル制作など数多くのコラボレーションや、自身の個展開催を中心に活動し、海外からも高い評価を受けている彼とBRAHMAN とBOSS ががっちりタッグを組み、ビジュアル面においてもこれまでにない展開を見せている。 世界中が混乱するなか、再び彼らのパンク・スピリット、ヒップホップ・アティチュードが世の中を導くメッセージとなり、人々のこころに何かを投げかける。これは今だからこそ耳を傾けるべき楽曲だし、10年後20年後30年後……いや、100年後に今を振り返ったとき、重要な歴史の証言のひとつとなるのである。


【収録曲】
1.CLUSTER BLASTER
2.BACK TO LIFE

【通常盤DVD収録内容】
1.「CLUSTER BLASTER」MV
2.「BACK TO LIFE」MV
3.「ラストダンス」LIVE映像
  • 前の記事へ

    【HIPHOP】OKI、SEI-ONE、DJ EDOによるGEEK、 12年振りとなる新作アルバムが完成。

    PORTAL

    2020.08.07

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    【METAL】【オリジナル特典】ガールズ・メタル・バンド Mary's Blood、ANIME と Heavy Metal を融合させた初のカバー・アルバム:オリジナル・コメントDVD-R付き!!

    PORTAL

    2020.08.07

  • 一覧へ戻る