【PUNK】CROW幻の2ndアルバムとして構想されながら封印された音源"APOCALYPSE"! 限定受注生産LP!

  • PORTAL
  • ニュース

2020.10.16

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン PUNK


CROWの2ndアルバムとして構想されながら封印された"APOCALYPSE"と名付けられた音源。
30年を経て、限定受注生産LP として遂に発売。

80年代大阪、90年代以降東京とそれぞれ別メンバーで活動を行い現在も世界のHARDCORE PUNKSから絶大な支持を集めるHARDCOREバンドCROW

昨年再発されたCD"ANARCHY CHAOS DESTRUCTION"が世界中で反響を呼び、1stアルバム"LAST CHAOS"のLP再々発や後身バンドGRAVE NEW WORLDのLP/CD再発等、日本は元より海外を巻き込み注目を集めている。

80年代後半大阪CROWの活動中にVoのCROW氏がCROW2ndアルバムとして曲を作り、制作提案されながらメンバーとの音楽性の不一致から別メンバーにてレコーデイングを行いその後世に出る事無く、また殆ど知られていない音源が存在していた。

"APOCALYPSE"と名付けられたその幻の音源がオフィシャルリリースで登場!

CROW / LAST CHAOSと後のGRAVE NEW WORLD/DEATH COMES ALONGの音楽性の間を埋めるミッシングピースともいえるHARDCOREをベースに置きボイスパフォーマンス的表現を織り込んだ内容!
95年にリリースされたCROWの当時未発表音源12インチに収録された"THE END"(バージョン違い)は本来はこの作品の為の物でオリジナルバージョンで収録。この曲のみ大阪CROWのメンバーによる録音です。また東京CROWの曲"混沌神"の原型曲もここに有り。
邪悪でサタニックな黒に包まれた様なHARDCOREサウンド!30数年を経て世に出ます!
全8トラック収録。

12月中旬入荷予定
※入荷次第の発送となりますのであらかじめご了承ください。
  • 前の記事へ

    【日本のROCK】11/4発売★特典付★忘れてモーテルズ 渾身の6thアルバム!マフラータオル付きセットも販売!

    PORTAL

    2020.10.16

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    【JAZZ】ビル・エヴァンス 1968年幻の音源が作品化

    PORTAL

    2020.10.16

  • 一覧へ戻る