【PROGRE】アンソニー・ムーア(スラップ・ハッピー) 11/18: 幻の'76年作『アウト』オリジナル・ジャケット/紙ジャケット仕様CD再発決定!! ◎ユニオン限定特典付き

  • PORTAL
  • ニュース

2020.10.29

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン PROGRESSIVE ROCK


ロックンロールはヘンリー・カウの苛烈さの後の安堵感を与えてくれた。スラップ・ハッピーの創設者であり、ヘンリー・カウでも活動したアンソニー・ムーアによる1976年のお蔵入りアルバムを奇跡のオリジナル・ジャケット仕様でリイシュー!

それは、1975年の終わりにアンソニー・ムーアの頭のなかにあったひとつの考えだった。もちろん、ヘンリー・カウを脱退するということは、彼が結成したバンド、スラップ・ハッピーの解散を意味していた。二つのグループは前年、実質的に融合していたからだ。だが、アンソニーにはまだまだやりたいことがあった。
そして、そのひねくれた性格から、ポップスの世界に身を置くことがいい選択肢のように思えたのだ。アンソニーはヴァージンとソロ契約を結び、プロデューサーのピーター・ジェンナー(ケヴィン・エアーズ、ロイ・ハーパー等)や、ポリス加入以前のアンディ・サマーズらイギリスの新世代のプログレッシヴ・ミュージシャンたちとセッションを行った。しかし、そのすばらしいサウンドは、1997年にCDが出るまでリリースされなかった。それが今、ヒプノシスによるオリジナル・アートワークをまとい、リリースされることとなった。お蔵入りとなっていた(にしていた?)ことが信じられないほどの完成度の極上のアヴァン・ポップ・アルバムが今、あるべき姿でよみがえるのだ。スラップ・ハッピーのピーター・ブレグヴァド、ケヴィン・エアーズも参加。
【紙ジャケット仕様】



■■ ディスクユニオン オリジナル特典 ■■
本作をご予約/お買い上げのお客様に、先着で “ ユニオン限定特製ステッカー ” を差し上げます。

ディスクユニオン オリジナル特典
[ ステッカー見本画像 ]
SLAPP HAPPY『SORT OF』『SLAPP HAPPY』のジャケット・デザインを担当したDavid Larcherによるアーティスト・ポートレートを使用したデザイン



  • 前の記事へ

    【CLUB/DANCE】BERLIN ATONALが放射するサウンド・スペクトル「MORE LIGHT」

    PORTAL

    2020.10.29

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    【POP/INDIE】オリ特決定!!ヨ・ラ・テンゴ 紙ジャケ4タイトルまとめ買いセットディスクユニオン限定特典「ヨ・ラ・テンゴ丼」付きます!!

    PORTAL

    2020.10.29

  • 一覧へ戻る