【POP/INDIE】今年結成25周年! フー・ファイターズ、通算10枚目となるニュー・アルバム

  • PORTAL
  • ニュース

2020.12.02

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン ROCK / POPS / INDIE


今年結成25周年! フー・ファイターズ、通算10枚目となるニュー・アルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』

元ニルヴァーナのドラマーであり、現在の音楽シーンを代表するロック・アイコン、デイヴ・グロール(vo,g)を中心とする米ロック・バンド=フー・ファイターズ。
今年で結成25周年を迎える。グラミー賞11冠に輝き、アルバム総セールスは3,000万枚超。ニルヴァーナ時代も含めると1億枚にも及ぶ。2015年にはフジロック・フェスティバルでヘッドライナー出演のために7年ぶりに来日。骨折しながらも圧巻のパフォーマンスを行ったデイヴ・グロールの姿も話題を呼んだ。
2017年、サマーソニックにヘッドライナーとして初出場を果たした後、9月15日には<シーア>や<アデル>の大ヒット曲で知られる注目のプロデューサーにして稀代のメロディメイカ―<グレッグ・カ―スティン>と初めてタッグを組んだ、9作目のアルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』を発売。アメリカ、イギリス、日本を含む世界11か国で1位を記録した。

通算10枚目となる本作『メディスン・アット・ミッドナイト』は、前作と同様グレッグ・カースティンをプロデューサーに迎え制作された。アルバムからの第一弾シングル「シェイム・シェイム」が公開され、バンドは現地時間11月7日土曜の人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演。同曲を世界初パフォーマンスし、来年2月のアルバムリリースを発表。
また、11/14には、ロサンゼルスの名門ライブハウス、ロキシーシアターからのオンラインライブ「Live from The Roxy Show」を配信することも発表された。37分9曲入りとなるニュー・アルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』。凝縮された魅力に期待が膨らむ!