【PROGRE】IAN CARR DOUBLE QUINTET 5月下旬/6月下旬: 衝撃の'70年未発表セッション収録『SOLAR SESSION』各500枚限定CD&LP発売決定!!

  • PORTAL
  • ニュース

2021.04.19

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン PROGRESSIVE ROCK


故Don Rendellとの双頭ユニットRENDELL/CARR QUITETやNUCLEUS等々英国Jazzシーンにおける超重要グループ/バンドを率いて晩年まで精力的に活動した故Ian Carr(tp)が前述の2グループの狭間に率いていたプロジェクト・ユニット、70年代初期未発表Session音源を収録した'21年発掘盤が500枚数量限定デジパック仕様盤で登場!
故Carrを筆頭にBrian Smith(sax)、Tony Roberts(sax/cl)、Karl Jenkins(ele-piano/oboe)、Chris Spedding(g)、Ron Matthewson(b)、Jeff Clyne(b)、John Marshall(dr)、Chris Karan(congas)、Keith Winter(VCS3 synth)等NUCLEUSのメンバーおよび関連人脈による'70年10月英Londonでの未発表Studio Session音源を収録。
タイトルが示すとおり、英Vertigoから発表されたNUCLEUSの'71年デビュー作『SOLOR PLEXUS』収録楽曲を演奏した衝撃の内容で、このわずか2ヶ月後に本作参加メンバーの約半数で再度制作/発表されたデビュー作がCOLOSSEUMと並びBritish Jazz Rockのプロトタイプを示した内容だったのに対し、本収録音源ではまだRENDELL/CARR QUITETの流れを汲むジャズ・マナーに沿った演奏を披露。楽曲によってはソロも含む一部アレンジ/構成等の違いもあり、Carrが目指したジャズ・ロックへの進化の過程を生々しくとらえた英国Jazz/Jazz Rockファン必聴いえる奇跡の発掘盤です!!


【500枚数量限定盤/Digipack仕様】



故Don Rendellとの双頭ユニットRENDELL/CARR QUITETやNUCLEUS等々英国Jazzシーンにおける超重要グループ/バンドを率いて晩年まで精力的に活動した故Ian Carr(tp)が前述の2グループの狭間に率いていたプロジェクト・ユニット、70年代初期未発表Session音源を収録した'21年発掘盤がCDにつづき、500枚数量限定10"インチ・アナログ盤でも登場!
【500枚数量限定10" inchアナログ盤】



  • 前の記事へ

    【お知らせ】ディスクユニオン公式スマホアプリ インストール対象外OSでアプリを起動した際の挙動について

    PORTAL

    2021.04.19

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    【LATIN】4/20(火)~ THINK! RECORDS ブラジル・アルゼンチン・フェア。特典フーベル・ステッカー!

    PORTAL

    2021.04.19

  • 一覧へ戻る

最新ニュース