VENEZUELA 70 VOLUME 2 COSMIC VISIONS OF A LATIN AMERICAN EARTH: VENEZUELAN EXPERIMENTAL ROCK IN THE 1970S & BEYOND

V.A. (VENEZUELA 70 COSMIC VISIONS OF A LATIN AMERICAN EARTH) オムニバス

LP

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • WEB特別価格

3,132(税込)

10%OFF 2,819円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
SOUL JAZZ RECORDS
国(Country)
UK
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
SJRLP419
通販番号
1007770016
発売日
2018年10月24日
EAN
5026328004198
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

1970s 南米ベネズエラに残された知られざるEXPERIMENTAL~PSYCHE ROCKの中から厳選したトラックをコンパイルしたシリーズの続編が登場!!

第1弾は、南米音楽ファンだけでなく、プログレ、サイケなどロック方面のリスナーも巻き込み、さすがSOUL JAZZ! と思わず唸らざるを得ないセレクト・センス、そして資料性も兼ね備えた一家に一枚的名コンピとして大人気を博しました。

1970年代、オイル・ショックを背景に世界最大の石油産油国として爆発的に成長したベネズエラ。米国との太いパイプ、南米でもカリブ海に面した地理的要因などもあいまって1970年代のベネズエラにはほかの南米諸国とは異なる独自の混交音楽が生まれていったという。1960年代に勃興したベネズエラのロック・シーンは1970年代になるとVytas Brenner, Angel Rada, Pablo Schneider and Miguel Angel Fusterといったより革新的な音楽家が台頭。ロックをベースに電子音楽、ファンク、ジャズ、ラテンなどを彼らのルーツであるベネズエラの伝統音楽と融合させ独自のスタイルを築き上げていった。世界中で同時多発した様々なムーヴメント -- Os Mutantes, Novos Baianos, Secos e Molhadosといったアーティストに代表されるTropicalia / post-Tropicalia、さらにはドイツのCan, Amon Duul, Harmonia, Neuらに代表されるクラウト・ロックと並べて考えてみてもいいだろう。ベネズエラの音楽シーンは世界にも類を見ない独自のサイケ・ロック・シーンを築いていったのである。

というわけで前作に収まり切らなかった珠玉の音源をこれでもかとふんだんに投入。南米らしい陽だまりのようなフォークロックから、豪奢なストリングスにワウ・ギター、ラテンのリズムが絡むこれぞ南米プログレ!といったトラック、レアグルーヴ~DJ界隈の人気盤からのキラーチューンまでを収録し、今回も前作以上?に内容良!前作に続き、これも今年を代表するコンパイル・ワークとなりそうです! TOP RECOMMEND!!!!!!!!!




CD / 全曲試聴はこちら
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007770015

This is the second collection of music from Venezuela in the 1970s and beyond to be released on Soul Jazz Records. The album once again features innovative figures in the history of underground Venezuelan music, mostly unknown outside of their home country – their music a blending of progressive rock, jazz, experimental electronics and disco –created mainly in the 1970s – during a time when the country was both a cultural and economic powerhouse in Latin America.
While much of 1960s Venezuelan rock music emulated British and USA styles, and salsa dominated the dancefloors of Latin America, the 1970s saw the evolution of a new generation of creative local artists such as Vytas Brenner, Daniel Grau, Aldemaro Romero, Un Dos Tres Y Fuera who all explored the possibilities of mixing together rock with elements of electronica, funk, jazz, latin rhythms simultaneously exploring their links with Venezuelan roots music, creating a new sound which blended a multitude of new and old world influences, uniquely Venezuelan.
Most of these artists featured on Venezuela 70 remain practically unknown outside of Venezuela’s borders and yet their progressive forward-thinking music is some of the most sophisticated in the world – a stunning ‘melting pot’ mix of sounds from the cosmic and psychedelic rock of Vytas Brenner to the Moroder-esque disco experimentation of Daniel Grau, and the tropical funk of Un Dos Tres Y Fuera and beyond.
Aside from the relatively known Vytas Brenner and Daniel Grau, most of the music on this album is incredibly rare (even in Venezuela)! The album is released as heavy double gatefold vinyl with full colour inners, exclusive text on artwork, CD with slipcase and large booklet, and digital album.

ソングリスト

Disc 1

  • A1.Vytas Brenner – Agua Clara
  • A2.Daniel Grau – Dejando Volar El Pensamiento
  • A3.Un Dos Tres Y Fuera – Relafica Negra En Tiempo De Siembra
  • A4.Orchestra Julian – Do It With Class
  • B1.Vytas Brenner – Gavilan
  • B2.Fernando Yvosky – Estoy Viviendo
  • B3.Daniel Grau – Delirio En Fa Menor
  • B4.Vytas Brenner – Mandingo

Disc 2

  • C1.Un Dos Tres Y Fuera – Machu Picchu Dos (El Niño Anciano)
  • C2.Vytas Brenner – La Sabana
  • C3.Johnny Lamas – Noches En Caracas
  • C4.Aldemaro Romero Y Su Onda Nuevo – Moilendo Cafe
  • C5.Vytas Brenner – Morrocoy
  • D1.Daniel Grau – Voy Caminando Feliz
  • D2.Grupo Bota – Solos
  • D3.Vytas Brenner – Tragavenado
  • D4.La Cuarta Calle – Camino A Casa (On My Way Home)
  • D5.Aldemaro Romero Y Su Onda Nuevo – Una Por Una