APRIL 21, 2003 AT OSAKA KOSEI NENKIN KAIKAN / 2003年4月21日 大阪・厚生年金会館 「新たなる発見」SHM-CDエディション(紙ジャケット)

KING CRIMSON キング・クリムゾン

世界初CD化6公演を含むキング・クリムゾン2003年ジャパン・ツアーSHM-CD完全補完シリーズ!最終第8弾は2003年4月21日大阪・厚生年金会館公演を世界初CD化!

  • CD
  • 予約

4,000円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 紙ジャケ
レーベル
ユニバーサルミュージック
国(Country)
JPN
フォーマット
SHM-CD
組数
2
規格番号
POCS1922
通販番号
1007905643
発売日
2022年11月30日
EAN
4988031541029
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

【通常盤】【2SHM-CD】【紙ジャケット仕様】【日本独自企画盤】世界初CD化6公演を含むキング・クリムゾン2003年ジャパン・ツアーSHM-CD完全補完シリーズ!最終第8弾は2003年4月21日大阪・厚生年金会館公演を世界初CD化!

 

●これも世界初CD化となる2003年ジャパン・ツアー最終・大阪公演。A-DATマルチトラック・データからアレックス・ムンディが作り上げたステレオ・ミックスの高音質レベルはとの公演同様揺るぎなし!

 

●怒涛のV字回復を果たした福岡公演、そのテンションを維持し「ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ・ツアー」プレゼンテーションの核を提示した名古屋公演で体得した風格を維持。オープニングから数曲、フリップのモニターの音量が低くストレスフルなスタートだったそうだが、そんなトラブルを微塵にも感じさせない「レヴェル5」、「プロザック・ブルース」、「ザ・コンストラクション~」、「ファクツ・オブ・ライフ」と続く絨毯爆撃的高密度パフォーマンスは圧巻!

 

●「ディセプション・オブ・ザ・スラッシュ」と呼ばれたいた時代からこの曲に対し強い思い入れを持っていたトレイ・ガンの叙情性が炸裂する「ザ・パワー・トゥ・ビリーヴIII」の後半部分、怒涛のアンコールも必聴!

 

●最終公演を振り返りフリップは「全体的には平均的だったが、所々個性的な側面もあり、新たな発見があったショウだった」と語る最終公演。その新たな発見は夏のヨーロッパ、秋のUSツアーで実を結ぶこととなる。前日の名古屋公演とともにツアー・プレゼンテーションのスタイルを構築する上では重要な公演だったのである。

 

■日本独自企画盤

■紙ジャケット/SHM-CD仕様

■解説付

★「キング・クリムゾン日本公演補完シリーズ」名物、"全部日本語表記ジャケット・ポストカード"をパッケージ表面にセット。(永続封入)