LIONHEART / ライオンハート<初回限定盤CD+ボーナスCD>

SERENITY (from Austria) セレニティー

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,024円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ワードレコーズ
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
組数
2
規格番号
GQCS90457/8
通販番号
HMHR171013-100
発売日
2017年10月27日
EAN
4562387204571
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

【国内盤】
【2017年10月27日発売】
<こちらの商品は世界同時発売となります。>
お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)

シンフォニック・メタルの雄、セレニティはマリオ・ヒルジンガー(key:当時はvoも兼任)を中心に2001年にオーストリアのチロル州にあるヴェルグルにて結成された。2002年にデモCDをリリースするも、2003年にマリオとアンドレアス・シップフリンガー(ds)以外のメンバーが脱退してしまい、バンドは解散状態となってしまう。しかし、バンド再編を目指したマリオを中心に、アンドレアス、ゲオルグ・ニューハウザー(vo)、トマス・ブッフベルガー(g)、サイモン・ホルスネヒト(b)というラインナップでシーンに復活を果たした。

2004年の8月にDIOのサポートをしたことを切っ掛けに注目の存在となり、同年にリリースのデモCDの評価も高く、その認知度を上げていく。いくつかのレーベルからオファーを受けたが、その中でも特に強いアプローチをかけてきた地元オーストリアを拠点とする『Napalm Records』と契約、2007年にデビュー・アルバム「WORDS UNTOLD & DREAM UNLIVED」をリリースする。THRESHOLD、KAMELOTやADAGIOといったバンドとヨーロッパを中心にツアーという多忙なスケジュールの中レコーディング作業も進め、翌2008年には早くも2ndアルバム「FALLEN SANCTUARY」をリリースしている。2010年にサイモンが脱退、トーマスがベースも兼任して2011年に3rdアルバム「DEATH&LEGACY」をリリースしている。このアルバムでは当時SIRENIAのヴォーカルであったアイリン他、女性ヴォーカルがゲスト参加したことも話題になった。

2011年に新ベーシストとしてファビオ・ダモアが加入、2012年にはProgPowerフェスティバルに出演と活動も順調になったと思われていた彼らであったが、ここでバンド創始者であるマリオが脱退してしまう。そのまま解散してしまうのではないかといった噂も流れたが、バンドは活動継続を発表、新メンバーとして何と女性ヴォーカリストのクレモンティーヌ・ドロネーを加入させ、2013年に4thアルバム「WAR OF AGES」をリリース。男女ツイン・ヴォーカルの新体制となったバンド、そしてこのアルバムは高い評価で迎えられた。しかし、クレモンティーヌは2015年に脱退、彼らは再びゲオルグの単独ヴォーカル・スタイルに戻り、2016年に5thアルバム「CODEX ATLANTICUS」をリリースしている。このアルバムはレオナルド・ダ・ヴィンチをテーマにしたコンセプト・アルバムであることも話題になった。

そしてここにリリースされるのが6thアルバム「LIONHEART」。その生涯をほぼ争いのなかで過ごし、第3回十字軍を率いたイングランド国王であるリチャード1世をテーマにしたアルバムとなっている。そしてこのアルバムを引っさげ、2018年2月にヘッドライナー・ツアーが開始される。シーンにメロディの嵐が再び吹き荒れるのは間違いない。

【メンバー】
ゲオルグ・ニューハウザー(ヴォーカル)
ファビオ・アモーレ(ベース)
クリス・ハームスドーファー(ギター)
アンドレアス・シップフリンガー(ドラムス) 

ソングリスト

Disc 1

  • デウス・ロ・ヴァルト
  • ユナイテッド
  • ライオンハート
  • ヒーロー
  • ライジング・ハイ
  • ヘヴン
  • キングズ・ランディング
  • エターナル・ヴィクトリー
  • スタンド・アンド・ファイト
  • ザ・フォートレス(オブ・ブラッド・アンド・サンド)
  • エンパイア
  • マイ・ファンタジー
  • ザ・ファイナル・クルセイド

Disc 2

  • エングレイヴド・ウィズイン(ピアノ ver.)
  • ホエン・キャンヴァス・スターツ・トゥ・バーン(ピアノ ver.)
  • コールドネス・キルズ(ピアノ ver.)
  • トゥ・インディアズ・ショアーズ(デス&レガシー)
  • ヤンゲスト・オブ・ウィドウズ(デス&レガシー)