<入荷>TWOGETHER: クラウト・ロックらしいエフェクトを効かせつつ攻撃的なオルガン/ジャズ・ロックの要素も含んだ'73年唯一作がリマスター再発!

  • PROGRESSIVE ROCK
  • ニュース

2022.10.05

  • LINE

  • メール
   TWOGETHER / A COUPLE OF TIMES: EXPANDED EDITION
TWOGETHER / A COUPLE OF TIMES: EXPANDED EDITION


キーボーディストのKlaus BangertとドラマーのReinhard Fischerによるオルガン/クラウト・ロックデュオ・ユニット、'73年に残した唯一作が英Cherry Red傘下レーベル:Explore Rights Managementより'22年リマスター再発!


ヴォーカルとオルガン,シンセ,ピアノ等の鍵盤楽器を操るKlaus Bangert、ドラムとシンセを操るReinhard Fischerの二人による、クラウト・ロックの趣を携えながらオルガン主体のプログレ性とジャズ・ロックの要素を含む作風。自主制作でリリースされたオリジナル盤は超入手困難の一枚。
多重録音により十分にバンド・サウンドに近づけた音像ながらも、まとまりのよいシャープさはデュオならではの空気感。1曲目'Percussion'からKeith Emersonばりのオルガン捌きとクラウト・ロックらしいエフェクトの見事な融合を聴かせ、楽曲ごとにジャズ・ロックとポップスとジャーマン・ロックを行き交う、オリジナリティ&クオリティ共にレア盤になるのも頷ける秀作です!
ボーナス・トラックとして、'04年Garden Of Delights再発盤と同じく同年に発表されたアルバム収録のシングル曲'I Was Away Too Long''I've Found A Love Again'を収録。マスターはMike Piertiniが手掛けた'22年新規リマスタリング音源を使用。ブックレットにはReinhard Fischerによる新規ライナーノーツを掲載。


【2022 Remaster/Bonus Track2曲収録】

最新ニュース