<入荷> ロジェ・トリゴーよ永遠に...録音中’21年に逝去したロジェ・トリゴー在籍、チェンバーロック最高峰プレザン最終作◆DUオリ特:ロジェ・トリゴー・メモリアル・ポストカード

  • PROGRESSIVE ROCK
  • ニュース

2024.04.03

  • LINE

  • メール

発売延期のお知らせ

『プレザン/ディス・イズ・ノット・ジ・エンド』は輸入盤遅延により、

発売日が3/27→4/3に延期となりました。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。


ロジェ・トリゴーよ永遠に...

初期ユニヴェル・ゼロ最重要メンバーとして在籍、ゼロが確立したチェンバー・ロックを継承し、更に凶悪性・暴力性が際立つサウンドを確立したベルギーのプレザン。
2000年以降フランスでロック・イン・オポジション・フェスティバルを復活させ、自身が率いるプレザンも精力的に活動。2014年はRIOジャパン・フェスティバルによる初来日公演も果たし、RIOシーンを牽引する圧倒的な演奏力と唯一無二の存在感を放つ。
フランスのエクスペリメンタル・バンドNIのフランソワ・ミニョー(g)、ベルギーの硬派チェンバーロックバンドARANISのリーズベス・ランブレヒト(vln)を迎え入れた新体制での録音中2021年3月、リーダー/コンポーザーのロジェ・トリゴーが逝去。
本作はタイトル「this is not the end」と相反する、トリゴー在籍プレザンの最終作。
全曲トリゴーが作曲し、反復リズム、複雑な対位法、楽器間の緻密な相互作用、急速な変拍子、そして力強いアタックとシンコペーションを駆使した結果、目もくらむような精密な作品が完成。それぞれのパートが異なったアングルから生まれたように見えるが、最終的にはひとつの塊として結実。
トリゴー曰く「リスナーのためだけでなく、自分自身を追い込むために、延々と続く反復メロディとポリリズムを使用するのだ。」
また、トリゴーによるアンリ・ミショーの詩やエドガー・アラン・ポーの「Tell-Tale Heart(告げ口心臓)」の朗読も楽曲の緊張感を高め、極めて完成度の高い作品に仕上がっている。



プレザン
ロジェ・トリゴー:キーボード、ヴォーカル
フランソワ・ミニョー:ギター
ピエール・ジュヴァリエ:ピアノ、キーボード、ヴォーカル
デイヴ・カーマン:パーカッション
キース・マックソード:ベース
クルト・ビュデ:サックス、クラリネット、バス・クラリネット
リーズベス・ランブレヒト:ヴァイオリン
ウディ・クームラン:サウンド

【帯ライナー付国内仕様 / 解説:黒木朋興】


◆ディスクユニオン・オリジナル特典◆

プレザン『ディス・イズ・ノット・ジ・エンド』をご予約/お買い上げの方に先着で

ロジェ・トリゴー・メモリアル・ポストカードを差し上げます。



最新ニュース