<入荷>KING CRIMSONの不朽の名作『IN THE COURT OF THE CRIMSON KING』を豪華アーティスト達がカバー!

  • PROGRESSIVE ROCK
  • ニュース

2024.05.08

  • LINE

  • メール
 V.A. / REIMAGINING THE COURT OF THE CRIMSON KING
V.A. / REIMAGINING THE COURT OF THE CRIMSON KING


Billy Sherwoodを中心とするTHE PROG COLLECTIVEやPINK FLOYDへのトリビュート・アルバム『MEDDLE REIMAGINED』『STILL WISH YOU WERE HERE』『ANIMALS REIMAGINED』、Keith Emerson・Greg Lakeへのトリビュート作『A TRIBUTE TO KEITH EMERSON & GREG LAKE』など一流アーティスト達のコラボレーションによるトリビュート・アルバムを数々リスナーへと送り届けてきた米Cleopatraレーベルより、プログレッシブ・ロックを象徴する不朽の名盤『IN THE COURT OF THE CRIMSON KING』のフル・カバー・アルバムが遂に'24年登場!


Cleopatraレーベルの作品らしく今回も豪華アーティスト達が集結。Mel Collins(sax/fl)・Jakko M Jakszyk(g/key/vo)といった本家KING CIRMSONへの参加歴があるミュージシャンにまず目を引かれ、その他にも言わずと知れたポップ職人:Todd Rundgren(vo)やイングランドの"狂気の天才"Arthur Brown(vo)、DEEP PURPLEのオリジナルメンバーIan Paice(drs)、Frank Zappa/GENESISとの共演でも有名なChester Thompson(drs)、KHAN~GONGを渡り歩き現在もソロで活躍を続けるSteve Hillage(g)、全盛期HAWKWINDを支えた故Nik Turner(fl)、現在はHAWKESTRELでその手腕を振るうAlan Davey(b)、PUBLIC IMAGE LIMITEDのベーシストにしてジャンルを跨る音楽活動を重ね続けるJah Wobble(b)、プログ・メタルを象徴するバンド:DREAM THEATERのJames LaBrie(vo)、元MEGADEATHのChris Poland(g)、などなど書き出すだけでもその豪華ぶりに圧倒されるメンバー達によって、"21st Century Schizoid Man""Epitaph"などの名曲が再現/再解釈されるという、まさしく夢のような企画盤!オリジナルに輪をかけて悪趣味なジャケットデザインに反して、クリムゾン/プログレファンであれば興味を惹かれる事間違い無しの充実した内容です!


最新ニュース