マグマ 7/24: 祝・来日!伝説の大作『ゼス(全宇宙を統べる者) -その日、万物は無へと還る-』完成&国内仕様盤発売決定!!/ディスクユニオン限定特典付

  • PROGRESSIVE ROCK
  • ニュース
  • 2019.06.14

    • LINE

    • メール
    祝・来日!結成50年を迎えた仏を代表するプログレッシブ・ロックバンド、マグマ。
    長らく“未完の大作”として語り継がれてきた『ゼス(全宇宙を統べる者) -その日、万物は無へと還る-』(ZESS)』。
    40年を超える雌伏の時を経て、ついにスタジオ作として発売決定!!

    MAGMA (FRA) / マグマ / ZESS / ゼス(全宇宙を統べる者) -その日、万物は無へと還る-
    マグマ / ゼス(全宇宙を統べる者) -その日、万物は無へと還る-
    □CD
    7月24日発売予定 予約受付中!
    ◇ディスクユニオン・オリジナル特典◇
    今回発売の『マグマ / ゼス(全宇宙を統べる者) -その日、万物は無へと還る-』を御予約/御購入の方に、先着で『クリスチャン・ヴァンデが視た黙示録の世界(『ゼス』フランス語歌詞 日本語対訳掲載小冊子)』を差し上げます!!


    【帯・解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏Seventh Records)/デジブック仕様/(解説:宮本 重敏)】
    遂に結成50年を迎えた仏を代表するプログレッシブ・ロックバンド、マグマの長らく"未完の大作"として語り継がれてきた「ゼス」がついにスタジオ作として登場!
    仏産の代表的且つ異端的存在であるプログレッシブ・ロックバンド、マグマの「ゼス」のスタジオ録音を収録した'19年作が登場!
    バンドリーダーであるクリスチャン・ヴァンデ(vo)が本曲の着想を得たのは'77年の『ウルゴンとゴルゴ~アターク』セッション時の事。'79年4月仏ブールジュでのフェスティバル出演時に初演、その後もマグマ/オファリング/レ・ヴォア・ドゥ・マグマ等様々なフォーマットにおいて断続的にライブで演奏され、その模様は『ボビノ1981』や『神話と伝説 ~第四章~』等といった公式の作品において発表されている。


    楽曲の未完成を理由に約40年間スタジオ録音の機会を得ないままであったが、この度遂に、今まで公式では未発表となっていたパートを含む完成版の制作及び録音がなされた。本作を彩るゲストとして、初期のオファリングやウェルカム等でクリスチャン・ヴァンデの右腕として貢献してきたシモン・グベール(p)、そしてマッツ&モルガンやカイパ等で活躍、現在のスウェーデン・北欧プログレシーンをリードするモルガン・オーギュレン(dr)が参加。更にはプラハ・シティ・フィルハーモニー管弦楽団の協力の下、生音によるオーケストラ・パートを導入。今までのライブ演奏とはまた異なったアプローチから、本曲への新たな、或いは元来の解釈に基づくアレンジメントによる録音が実現した。
    ドラムとピアノのバッキングが生み出すシンコペーションが奏者/聴者双方に集中力と緊張感を与えるのと同時に、クリスチャン・ヴァンデにしか成しえないボーカリゼーション及び幾重にも交じり合ったコーラスは感動的ですらあり、スピリチュアル・ジャズ/ゴスペル/ファンク/ミニマル・ミュージック等、多種多様な音楽性を多少なりとも内包させつつも、正に”Zeuhl”としか形容出来ない、マグマ史においても唯一無二の傑作です!
    付属の40pカラー・ブックレットには仏語とその英訳、そしてコバイア語の歌詞、及びブルーノ・ウゼによるライナーノーツ(仏語/英語)を記載。

    購入/詳細

    • 前の記事へ

      〔特集〕ジャズ・ロック特集Vol.2: ダンサブルな側面を併せもったスタッフイチ押しのジャズ・ロック作品群を一挙ご紹介!!

      PROGRESSIVE ROCK

      2019.06.18

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      〔公演/チケット情報〕MIZUKI da Fantasia 7/27: DUES新宿にて『Question 1969〜去り行く時代』発売記念ライヴ開催決定!

      PROGRESSIVE ROCK

      2019.06.14

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース