《輸入盤情報》THE WATTS/TIM HODGKINSON: HENRY COWメンバー2人+YUMI HARAプロジェクト最新作『DECOHERENCE』 & HODGKINSONソロ最新作『UNDER THE VOID』発売!

  • PROGRESSIVE ROCK
  • ニュース
  • 2019.12.04

    • LINE

    • メール
    THE WATTS / DECOHERENCE
    THE WATTS / DECOHERENCE
    元ヘンリーカウのティム・ホジキンスンとクリス・カトラーに
    英国在住の日本人ピアニスト、ユミ・ハラを加えた
    THE WATTSのフルアルバムがリリース!

    THE WATTS (ティム・ホジキンスン、クリス・カトラー、ユミ・ハラ)鍵盤楽器、管楽器、打楽器、スティールギターに加え様々な物体を投入し、歌もの、インストルメンタル、ノイズスケープを混ざり合わせアブストラクトなフリーリズムから時間感覚が幻惑させられるポリリズム異拍子同時進行、異テンポ同時進行そしてピュアグルーヴまでもがシームレスに進行していく。

    この録音について:
    2018年から19年にかけて録音されたロンドンでのマルチトラックライヴレコーディングと2019年RIOフランスでのレコーディング素材をティムとユミが詳細に検証しながらこだわりエディット、ミックスを重ね、全員が納得のいったところで元アフターディナーの宇都宮泰がマスタリングを施しまるでスタジオ録音のような仕上がりになったもの。テクニックと道具が揃わなければできない「ナチュラルメイクのような」超自然な音。

    Personnel:
    YUMI HARA (The Artaud Beats, you me & us, Lindsay Cooper Songbook, etc): inside and outside piano, voice, found objects
    TIM HODGKINSON (Henry Cow, etc): lap steel guitar
    CHRIS CUTLER (Henry Cow, The Artaud Beats, you me & us, Lindsay Cooper Songbook, etc): drums, microphones, flotsam
    【デジパック仕様】

    購入/詳細


    TIM HODGKINSON / UNDER THE VOID
    TIM HODGKINSON / UNDER THE VOID
    元HENRY COWのKey/Sax奏者として活躍、バンド解散後はTHE WORKをはじめマイペースながらも刺激的な作品を生み出し続けるTim Hodgkinsonの'19年作
    ティム・ホジキンスンの2018年から2019年にかけてシベリアのシャーマニズムに深く影響を受け作曲された現代音楽作品を様々な手法を駆使して自ら録音したもの。

    一部にイアンク・ドゥミトレスク率いるハイペリオン・アンサンブルの演奏も使用されている。
    (詳しい手法についてはこちら: http://www.timhodgkinson.co.uk/void.html )

    購入/詳細
    • 前の記事へ

      《輸入盤情報》TASAVALLAN PRESIDENTTI: 北欧Jazz Rock名バンド 驚愕の'72年未発表ライヴ音源収録『LIVE IN LAMBERTLAND』&'71,'72年作 各CD & 限定アナログ発売!!

      PROGRESSIVE ROCK

      2019.12.05

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【予約情報】HELDON 2月上旬: 仏Experimental/Electronics名バンド '70年代期最終作『STAND BY』含む3タイトル CD&限定アナログ一挙発売決定

      PROGRESSIVE ROCK

      2019.12.04

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース