MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録

DAVE DICTOR デイヴ・ディクター

  • BOOK
  • 売切
  • (注文不可)

1,980円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 再入荷
レーベル
Gray Window Press
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
通販番号
1007923575
発売日
2019年05月29日
EAN
9784991072512
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

「パンクってのは自分たちを自由にする音楽じゃなかったのか?」

1970年代末、アメリカン・ハードコア・パンクの黎明期から現在まで、40年にわたりその活動を続けるオリジナル・ハードコア・パンク・バンド、MDC(エム・ディー・シー、Millions of Dead Cops)のヴォーカル、デイヴ・ディクターの2016年発表の自伝が日本語訳で登場。

パンクロックをより先鋭化したサブジャンルであるハードコア・パンクの中でも、結成時から政治的姿勢を打ち出したバンド、MDC。反戦、反核はもちろんのこと、平等主義、DIY精神、菜食主義、Food not Bombsなどのためのベネフィット・ショウ、また初期アメリカン・ハードコア・シーンに蔓延していたセクシズム、レイシズム、ホモフォビア、暴力に立ち向かう姿勢を示した最初のバンドのひとつであり、著者・デイヴ・ディクターはそのMDCのフロントマンとして、その姿勢を40年経った今も変わらず貫いている。

パンクを金儲けの道具にしてしまったNOFXやRancid、Bad Religionのようなバンドを真っ向から批判し、そのファースト・アルバムは、ニルヴァーナのカート・コバーンも生涯ベストアルバムの7位に選ぶなど、MDCはアメリカのアンダーグラウンド・シーンを語る上で避けて通れないバンドだ。

デイヴ・ディクターの言葉で追体験する、あるひとつのアメリカン・ハードコア・パンク史。

■付録: 2017年発表のドナルド・トランプ批判ソング「Mein Trumpf」など、MDCの代表曲4曲(未発表バージョン1曲を含む)がストリーミングできるリンク付き。
(歌詞、デイヴ・ディクターによる曲解説の対訳付き)