Welcome Home / ウェルカム・ホーム

OTSUKA HIROYUKI 大塚寛之

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,530円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
WORD IS OUT!
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
WIOC9708
通販番号
XAT-1245562356
発売日
2011年04月20日
EAN
4540399097084
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

これぞロック・アルバム!

時空を越えた、ストラト・キャスターの音色が、時に激しく、時に切なく聴き手の心を揺さぶる。
決して色あせることのない、ロックの真髄を味わう最高の1枚!
MANWOMAN, QUA, 渋さ知らズなどのバンドで活躍し、ソロ・アーティストとして12年のキャリアを持つギタリスト、大塚寛之の1stソロ・アルバム「Welcome Home」リリース!卓越したテクニックと、確固たるロック・ポリシーをもって繰り広げる、新しい「オールド・ロック」の世界。アルバム全編に鳴り響く、大塚寛之のギター・サウンドに、大野由美子 (Buffalo Daughter), IZPON (KINGDOM☆AFROCKS/CRO-MAGNON), 高木壮太をゲストに迎えたセッション曲。そして、SUPER DUMBの女性ボーカリスト、マッキーとの共作で生まれた珠玉の唄「Welcome Home」を収録。時代や世代を越えて存在し、ロック・クラウドを魅了し続ける「音」が、ここにある。 (レーベルサイトより)

<プロフィール>
1980年中頃、ハードコア・パンクとスケート・カルチャーが融合し、新しいシーンを形成しようとする中「SCUMBAG」(後に、DREAD YANKEESと改名) のギタリストとして、神楽坂EXPLOSION、新宿ANTIKNOCK、横須賀どぶ板のライブハウスなどで音楽活動を開始。88年、オムニバスビデオ「SCUMBAG "HARD AND LOUD" vol.2」89年、ソノシート「DREAD YANKEES」をリリース。

1990年中頃、クラブ・シーンで盛り上がりを見せ始めた、サイケデリック・トランス黎明期、その雰囲気をバンド・サウンドで再現すべく「MANWOMAN」を友人らと結成。プログレッシブ・ハードサイケなどと呼ばれ、2枚の10"EPを、LESS THAN TVからリリース。現在は、1枚のCDにまとめられ「MAN and WOMAN」として発売中。

1998年、恵比寿MILKで行われた、WORD IS OUT!主催イベントにて、初めてのソロ・ライブを披露。現在に至る、ソロ・アーティストとしてのキャリアをスタートさせる。

2000年、茶谷雅之 (現 MOST, 久土'N'茶谷, CHAOS JOCKEY)、TAKESHI (現 SUPER DUMB)、オミ (現 Dachambo)、リュウダイ (現 Little Cosmo)、イッペイ (現 SOUL CLAP)、ムラジらと、サイケデリック・ジャムバンド「QUA」結成。さまざまなレイブ・パーティーに出演し、ROVO、SOFT、Dachamboなどと共演。03年、1stアルバム「SURF SAFARI」をリリース。

同00年より、不破大輔率いる「渋さ知らズ」に加入。以後、現在までに、FUJI ROCK FESTIVAL, RISING SUN ROCK FESTIVALなどの大型フェス出演や、大規模なワールド・ツアーを経験。

2003年、自らのリーダー・バンド「Electric Rainbow」結成。横浜GrassRoots 7th Anniversaryイベントにて活動を開始。

2009年、ソロ・アーティスト「HIROYUKI OTSUKA」として、ドイツ、ベルギーなどを巡る、ヨーロッパ・ツアーを敢行。各国のロック・クラウドを魅了し、成功を収める。

2010年より、ソロ活動12年のキャリアにして初となる、CDアルバムの制作を開始。
2011年春、1stソロ・アルバム「Welcome Home」をWORD IS OUT!からリリース。

ソングリスト

  • 1. 荒野の嵐
  • 2. Angel In The Sky
  • 3. God Of The Sun
  • 4. 河岸の夜明け
  • 5. Welcome Home
  • 6. Where Do You Wanna Go?