【帯ライナー付国内仕様CD/2タイトル同時発売!!】FUGAZI『INSTRUMENT』&『ARGUMENT』

  • PUNK
  • ニュース

2018.08.29

  • LINE

  • メール
FUGAZI /『INSTRUMENT』&『ARGUMENT』
帯ライナー付国内仕様CDとして9月29日(土)2タイトル同時リリース

簡単に言うと、これはFugaziが音楽を作るのを実際見ることに一番近づけるものだ。僕たちが彼らに対してすでに称賛し、尊敬し、崇敬する気持ちと完璧に提携する。それは実体があり、本物で、見栄を張らない、そして世界中にそれを記録したものが辺りにある限り、それは僕らのものである。
(ライナーノーツより抜粋)

FUGAZIの10年に渡る活動の軌跡を辿ったVHS『INSTRUMENT』(1999年)のサウンドトラック・アルバムとして同年1999年にリリース。未発表曲のデモを中心とした作品ゆえ、緻密に作りこまれたスタジオアルバム以上に放たれる生々しさと緊張感。FUGAZIというバンドの本質の一側面を最も克明に捉えた一枚と言える。ライナーノーツを担当したのは、元DISCHORD従業員にして、かつてはQUILL、JURY - RIG、MOST SECRET METHOD、DEAD TEENAGERS、OSWEGO、BEAUTY PILL、ROUTINEERS、CATHOLICに在籍、現在は SOCCER TEAM、MINUTESで活動するRyan Nelson。
世紀をまたぎ、現時点では2000年代に入って初の(今のところは唯一の)Fugaziのフルアルバムは説得力のある権威と決意の声明であった。The Argumentは怒りと繊細さで撃ち抜かれた空間とメロディーの巧みな探究であり、バンドの作品の中での最高点である。
(ライナーノーツより抜粋)

現在も続く活動休止前にリリースされた現時点最新作。前作『END HITS』の多彩な作風から楽曲はよりシ ンプルに研ぎ澄まされ、精緻に組み上げられたアンサンブルと静寂が醸し出す緊張感はカタログ中でも随一。最高傑作の呼び声も高い2001年6thフルアルバム。ライナーノーツを担当したのは、Q AND NOT U やCORM他で活躍したJOHN DAVIS。収録各曲を詳細かつ独特に表現した解説を読めば本作への理解度はより深まるだろう。


※FUGAZI 関連商品はこちら