【帯ライナー/歌詞対訳付 国内盤仕様】"BIKINI KILL" 初期7inch EP3枚を収録した重要作品「THE SINGLES」

  • PUNK
  • ニュース
  • 2018.10.19

    • LINE

    • メール

    ライオットガール・ムーブメントの立役者"BIKINI KILL"の初期7inch EP3枚を収録した重要作品「THE SINGLES」が帯ライナー/歌詞対訳付国内盤仕様CDとして発売!!
    さらにディスクユニオンでは オリジナル特典:缶バッジ付き 決定!!



    BIKINI KILL / THE SINGLES (帯ライナー/歌詞対訳付 国内盤仕様)
    CD(4) 2,700円(税込)
    発売日:2018年10月24日(水)

    ●帯ライナー/歌詞対訳付 国内盤仕様
    ●ライナーノーツ:野中モモ (ライター/翻訳家 自主制作出版物オンラインショップ"Lilmag"主宰)


    90年代初頭にUS・オリンピア周辺で巻き起こったフェミニズム・パンクムーブメントRiot grrrlの中心的存在”BIKINI KILL”。当時男性中心的であったパンクシーンに立ち向かい、強烈なライブパフォーマンス、シンプルに削ぎ落したトラッシュ・パンクを鳴らし、フェミニズム思想の理解に大きく貢献したバンドとして語り継がれている。"GOSSIP","Sleater-Kinney" や、後のINDIE・PUNKシーンへの影響も多大な彼女達。
    「THE SINGLES」は彼女達が1998年にKill Rock Starsからリリースした初期7inch EPをコンパイルした編集盤であり、2018年に自主レーベルからCD・LPで再発された。「New Radio」(1993)、「Anti-Pleasure Dissertation」(1995)、「I Like Fucking」 (1995)の3枚より全9曲を収録し、BIKINI KILLを語るうえで欠かすことのできない重要作品だ。
    ライナーノーツ・歌詞対訳はレイチェル・イグノトフスキー『世界を変えた50人の女性科学者たち』、キム・ゴードン『GIRL IN A BAND キム・ゴードン自伝』の翻訳者として知られ、ZINE・ミニコミ・同人誌といった「非商業的 な出版物」の紹介、Webショップでの販売等の活動を行う"Lilmag"を運営している野中モモ。ライオットガール・ムーブメントでは音楽だけでなくZINEを用いての自己表現も盛んに行われており、野中氏の解説でより一層思想が深まること間違いない!



    【Track List】
    1. New Radio
    2. Rebel Girl
    3. Demirep
    4. In Accordance to Natural Law
    5. Strawberry Julius
    6. Anti-Pleasure Dissertation
    7. Rah! Rah! Replica
    8. I Like Fucking
    9. I Hate Danger

    【ディスクユニオンオリジナル特典:缶バッジ(1個)付き】

    カラー:4種類のうち1個
    サイズ:25mm

    ※画像はイメージです。実際とは異なる場合がございますのでご了承ください。
    ※特典は無くなり次第終了となります。
    ※オンラインショップでのお買い上げのお客様にはランダムとなります。ご了承ください。

    ※BIKINI KILL 関連商品はこちら