【特典:キーホルダー付き】Hopeless Raven / to overflow evidence スプリットミニアルバム

  • PUNK
  • ニュース
  • 2019.10.10

    • LINE

    • メール


    遂に実現された現代の叙情派/激情ハードコアを体現する2バンドによるスプリットミニアルバム!
    UNBROKEN RECORDSより11月6日(水)リリース!!

    ディスクユニオンでは オリジナル特典:キーホルダー付き 決定!!

    【オリジナル特典:キーホルダー付き】


    ← Front / Back →

    ※画像はイメージになりますので実際とは異なる場合がございます。
    ※特典が無くなり次第終了となります。


    出会いから10数年。別々の土地で活動しつつも、同じルーツ・志をもつ2バンドによる、まさに運命とも呼べるスプリットミニアルバム。両バンドともに、今まで築き上げてきた独自のスタイルを更に昇華させた、以後の叙情派/激情ハードコアシーンのアンセムともなるであろう楽曲を収録。
    11/16・12/14には、東京/新宿と福島/いわきにて両バンド出演のリリースイベントも開催。

    【meant to be】
    《be ~》 …する運命だ、…である[になる]ことを目的[意図]としている、
    …であるべきだ、…になるはずだ

    【収録曲】
    1. Hopeless Raven / 其々
    2. Hopeless Raven / 後顧の憂い
    3. Hopeless Raven / Back to the basis
    4. to overflow evidence / 過日
    5. to overflow evidence / 夢破れず
    6. to overflow evidence / 街の明かりが灯る頃



    ・Hopeless Raven
    叙情派ニュースクールをベースとし、独自のスタイルに昇華したドラマティックハードコアを掲げ東京を中心に活動。2007年の結成以来TAKENやHopesfallに代表される叙情派ニュースクールハードコアを独自のフィルターで昇華させた全編日本語詞のドラマティックハードコアサウンドを更に突き詰め、シーンやジャンルの壁を飛び越え活動中。

    Munetaka Shiozawa - Vo -
    Yuji Matsuzaki - Guitar -
    Hiroshi Isaka - Guitar -
    Ryo Tsubaki - Bass -
    Ryota Tsujiguchi - Drum -

    ・to overflow evidence
    2002年、福島県いわき市にて結成。激情・叙情派ハードコアをベースとしつつ、数多のジャンルを吸収・昇華させ現在のスタイルへ。これまでに"DO IT”、"ARABAKI ROCK FEST"、”SUMMER MEETING”、”toneriver jam"、”KEEP AND WALK FEST"等、数々のアンダーグラウンドフェスに出演。また、2012年からは自身でも、地元福島県いわき市小名浜三崎公園にて、毎年2日間総勢約40組のバンドを 全国各地から招聘し”ONA FES”を開催。現在も年間30〜40本のペースで 県内外・ジャンルを問わず、ライブ活動を継続中。

    後藤 勇作 - Vo -
    藁谷 彰太郎 - Guitar -
    長尾 典純 - Guitar -
    小松 ヒロキ - Bass -
    佐藤 大輔 - Drum -

    ※Hopeless Raven 関連商品はこちら
    ※to overflow evidence 関連商品はこちら

    • 前の記事へ

      【新宿パンクマーケット】めろん畑a go go 10/20(日)一日店長 開催決定

      PUNK

      2019.10.10

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【予約】HOBBLEDEES(ホブルディーズ)が「ナインティナインのオールナイトニッポン」のエンディングテーマだった名曲『月夜の星空』を再リリース!!

      PUNK

      2019.10.09

    • 一覧へ戻る