ジョー山中がウェイラーズと手を組みタフゴングで録音したジャパニーズ・レゲエ最初期の名盤が再発!

  • REGGAE
  • ニュース

2024.05.01

  • LINE

  • メール

70年代にFLOWER TRAVELLIN' BANDのボーカルとしてサイケデリック・ロックを演奏していたジョー山中が、80年代にレゲエに傾倒し始め、ジャマイカで録音した82年リリースのアルバム「REGGAE VIBRATION」が再発。バック演奏はBOB MARLEYのバック・バンドであるTHE WAILERSがつとめ、録音はジャマイカのタフ・ゴング・スタジオという超豪華な内容。プロデュースはFAR EAST FAMILY BANDのメンバーでジャパニーズ・ニューエイジ、ヒーリング・ミュージック、アンビエントなどの大御所、伊藤詳が担当。ジャパレゲ最初期の名盤であり、これからも語り継がれるクラシックであることは間違いない。限定プレス。