名門PRESSURE SOUNDSが遂にカタログ100作目に到達!ファンが切望し続けた作品『ROCKERS FROM THE LAND OF REGGAE』、『WORDS IN DUB』を世界初リイシュー!

  • REGGAE
  • ニュース
  • 2018.09.06

    • LINE

    • メール
     貴重で上質なレゲエ/ダブ音源のアーカイヴァルなリイシューで知られる名門<Pressure Sounds>が遂にカタログ100作目に到達!
    記念すべきカタログ100番は、歴史的名盤Burning Spearの『Marcus Garvey』にて、Burning Spearとの楽曲共作も務めたPhillip FullwoodがWinston McKenzieと共にジャマイカでスタートし、ニューヨークで女性コーラスの新メンバーを加え完成させた I Mo Jah 名義の『Rockers from the land of reggae』(1982作)、そして同時リリースとなるカタログ101番は、Phillip FullwoodがBurning Spearの元で培ったスキルをフル活用しWinston McKenzieとBlack Arkや、Channel Oneで仕上げたダブ作品『Words in Dub』(1979)。この両作品は、内容の素晴らしさと極端な希少性が相まってアルバムに対する評価も恐ろしいほど膨れ上がり、オリジナル盤は常に超高額で取引されるファンが切望し続けた作品。CDはボーナス・トラックを計6曲収録した2枚組みセットで初CD化、LPはオリジナル・スリーヴを忠実に再現し世界初リイシュー。
    • 前の記事へ

      セレクター、和モノ好き要チェック。渋谷ORGAN BAR系日本人スカ、ロックステディー7インチが4タイトル発売!

      REGGAE

      2018.09.14

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      イギリスのレゲエシーンを牽引した元祖UKレゲエの王道バンド、マドゥンビによる自主制作ダブアルバムが遂に再発!

      REGGAE

      2018.09.05

    • 一覧へ戻る