ASUKA ANDOがタイ・UKのレゲエ/ダブ・マスターGA-PIとコラボレートしたエキゾチック&アーバン45!

  • REGGAE
  • ニュース
  • 2019.05.10

    • LINE

    • メール
    2015年の1st『mellowmoood』、2018年の2nd『あまいひとくち』と2枚のアルバムを経て“メロウすぎるにもほどがある”ラヴァーズロック・シンガーとしてのオリジナルな個性を確立、さらに2019年にはBUSHMINDとの『Kiss With You EP』にてレゲエ/ラヴァーズロックにとどまらない表現を花開かせその魅力を多方面に拡散させているasuka andoから、またもや強力なNewシングルが届けられた。

    今作はタイ・レゲエ/ダブのオリジネーターであるGa-pi、そしてHollie Cook等のプロデュースで知られるUKレゲエ/ダブ職人Prince Fattyとの驚きのコラボレーション。エキゾチックかつアーバン、スモーキー&メロウな“Midnight DUB Call”とでも呼びたいKILLERチューンが誕生している。

    タイで初めてレゲエやダブをプレイし、1990年結成の国民的スカ/レゲエ・バンド、T-BONEのフロントマンであり、10年以上に渡ってタイにSound System、Dubwise、Rub a Dubといったレゲエのカルチャーを根付かせる活動を続けている、まさにタイ・レゲエのオリジネーター、Ga-pi。タイの首都Bangkokから車で1時間半ほどの工業都市Srirachaの海辺にあるGa-piの自宅兼スタジオ、Jahdub Stido(studioではなくstido)内、“Dub Kitchen”と名付けられた台所に機材を集め、Ga-piがプロデュースするタイの新進気鋭レゲエ/ロックステディ・バンド、Rootsman CreationからフロントマンでSaxのNat Losinkham、PercussionのArtchawin Sinsa-art、そしてasuka andoサウンドの要=ARIらによってレコーディングされたサウンドは、メロウでクール、完璧にレゲエの“キモ”をつかんだ中毒性のあるルーツ・ダブ・リディム。ラヴァーズ・ロック隆盛と同時期のUKルーツ・レゲエが持っていた都会的でシャープbutベース・ヘヴィーなアノ感じも思い起こさせる。ここにasuka andoのミッドナイト・メロウな歌と日本語詞が絶妙に溶け合って一気に色気が香り立ち、他にはないオリジナルな魅力を放つ楽曲に見事に仕上がっている。

    信頼のe-mura (Bim One Production)マスタリング、NONCHELEEEのアートワークもすべて絶妙にハマったSUPA WICKED GREEN DONUTS、名品につきMust Getでお願いしたい。

    Produced by Ga-pi & Ari
    Recorded at Jahdub Stido.
    Mixed by Ga-pi at Jahdub Stido. Sriracha. Thailand.
    Masterd by e-mura (Bim One Production) at mura-sta. Japan.
    * Wait Till Dawn (Jahdub Stido Version) Mixed by Ga-pi & Prince Fatty :)
    * Wait Till Dub Mixed by Ga-pi & Prince Fatty :)
    Artchawin Sinsa-art (Rootsman Creation) on Percussion
    Nat Losinkham (Rootsman Creation) on Saxophone
    thanks & respect to Prince Fatty, Hassi
    Artwork by NONCHELEEE
    • 前の記事へ

      オリジナル盤激レア!バレアリックDJに大推薦のナイジェリア産デジタル・ルーツが発売!

      REGGAE

      2019.05.10

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ハウスDJにも大推薦!DIANA ROSSも歌った名曲をLORNA BENNETTが激甘ディスコ・ラバーズでカバー!

      REGGAE

      2019.05.08

    • 一覧へ戻る