MUTE BEAT関連の激レア音源が待望の7インチ化!ジャマイカのレジェンドピアニストGLADSTONE ANDERSONとのジョイント曲も!

  • REGGAE
  • ニュース
  • 2019.08.29

    • LINE

    • メール
    「ORGAN’S MELODY」は、86年10月から半年で立て続けに3枚リリースされたMUTE BEATの12インチの中の1枚。再発が待望されていたこのタイトルが遂に7インチで登場!ジャケットのトランペットの絵はこだま和文によるもの。
    A面はこだま和文の作曲による「ORGAN’S MELODY」。屋敷豪太によるシモンズ・ドラムが唸る力強いリズムが印象的。”ドラムが歌っている”とはこういうドラムの事を言うのだろう。イントロのトランペットのフレーズだけで彼らの世界に持っていかれてしまう。B面は2016年に惜しまれつつ他界してした朝本浩文作曲の「AFTER THE RAIN」。UAやTHE BOOMなど数多くのアーティストの楽曲プロデュースを手掛けた彼がMUTE BEAT時代に残した名曲。
    A面の「SOMETHING SPECIAL」はレア・チューン。15年に他界したジャマイカのレジェンドピアニストGladstone”Gladdy”AndersonとMUTE BEATによるジョイント曲。
    87年に青山スパイラルホールで行われたGladdyとのライヴ「Gladdy meets MUTE BEAT」で来日して録音された珠玉の1曲。こだま和文と増井朗人によるホーンの絡みが美しいこの曲は87年にジャマイカのOVERHEATレーベルから少量のみ販売されたが、今回マスターテープから奇跡の再発!

    B面の「THREAD MILL OF LIFE」は、MUTE BEATのリミックスアルバム『DUB WISE』に収録曲。これはKing Tubby、Lee "Scratch" Perry、DUB MASTER Xが共演した日本初のダブ・アルバム。MUTE BEATの「Beat Away」にLee "Scratch" Perryが当時NJにあったワッキーズ・スタジオでトースティングしたバージョン。初7インチ化。
    • 前の記事へ

      孤高のDEEJAY、タッパ・ズーキーの秘蔵音源を初フィジカル化!

      REGGAE

      2019.08.29

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      フランス・ソウル・レゲエの名手、SOUL SUGARの別プロジェクトから極上レゲエ・カバー&JACKIE MITTOO『SHOWCASE』のオマージュ10インチ!

      REGGAE

      2019.08.29

    • 一覧へ戻る