田我流の最新作にも参加したNTsKiとBOKEH VERSIONSからのリリースでお馴染みの7FOがタッグを組んだアンビエント・ダブ・ラバーズ!

  • REGGAE
  • ニュース
  • 2019.11.20

    • LINE

    • メール
    Sun Araw とLily Allen の出会い? Lee Perry&Linda McCartney の再来?
    最新のトレンドを全部盛り!田我流の最新作にも参加したNTsKiとBOKEH VERSIONSからのリリースでお馴染みの7FOがタッグを組んだアンビエント・ダブ・ラバーズ。2019年の空気感を凝縮した最高の一枚!






    内外で大人気の極楽浄土ニューエイジ・ダブ・アーティスト、7FO(ななえふおー)のコラボレーション作品が登場!今も愛され続ける80s ポストパンク名曲、ブレンダ・レイ「ドゥヤ・ヒア・ミー!」のカヴァー+最高リミックス2曲をカップリングしたミュージック・ラヴァーへ捧げるe.p!

    7FO が担当した妙なタイム感を持つオケの破壊的ユルさはファンの期待を裏切らないが、どこか不気味さの漂うNTsKi のウィスパリング・ヴォーカルが乗った瞬間、怪しくもドリーミーな似非ラヴァーズ・ロック・チューンに化学変化。DIY な打ち込み&ギターで歌われたオリジナル版とは全く景色の違うこのエレクトリック・ダブ・アップ・グルーヴは、ジャマイカを遠く離れ<各国訛りのDUB>が増殖していく現在、これぞ<日本訛りのDUBアップ>の極北ともいえる。

    このチューンをダンスホールDJ セットのど真ん中に引きずり込む匠の技REMIXを施したのは、通称” ビムワン” としてベース・ミュージック界にその名を轟かせる最強エレクトロ・レゲエ・リズム・プロダクション、Bim One Production だ。7FO をして悶絶KOさせたサウンド作りはまさにプロ中のプロの仕事。

    もうひとつの目玉は、今年、名門Orange Milk からアルバム(※NTsKi をヴォーカルにフィーチャー)を発表したエレクトリック・ミュージック・プロデューサー、CVNによるリミックス。彼の一面であるノイズ〜インダストリアルのセンスをアクセントに利かせるハード&スタイリッシュなREMIX で、どこか80s の4AD もしくはフレンチ・ポップを連想させる仕上がりが新鮮!
    • 前の記事へ

      MISS YOUからバレアリック、シティポップDJに大推薦のメロウ・ラバーズ2タイトル発売!

      REGGAE

      2019.11.21

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      激レア!LENNIE HIBBERT楽団でも活躍した歌姫によるソウルフル・ルーツ!

      REGGAE

      2019.11.12

    • 一覧へ戻る