世界初音源化多数収録!ロッカシャッカ渾身のコンピレーションにしてプリンス・バスターのスピリットが 冴え渡るキラー・スカ・セレクション!

  • REGGAE
  • ニュース
  • 2019.10.30

    • LINE

    • メール
    UK年間ベスト・レゲエ・アルバムに選ばれ、世界中のコレクターから賞賛されたロックステディ集「Let’ s Go To The Dance」に続き、キラースカをコンパイルした究極のプリンス・バスター・セレクション!デューク・エリントンの「A列車で行こう」を疾走感溢れるスカにアレンジした「Hey Train」は、当時バスターのサウンドマンにだけ手渡されたダブプレートとして有名。コレクターであればいつか手に入れたいと思っていた幻の一曲。バスターの代表曲であり、ルードボーイ・チューンの最高傑作とも言える「Don’ t Throw Stones」、そして同時期の録音と思われるマイナートーンの流麗かつキラーな「Roland Alphonso - Roll On Charles Street」は、某イギリスのサウンドマンが秘蔵していたスペシャル。キース& テックスのカバーにより大ヒットしたジャマイカンスタンダードのオリジナルテイク「Stop That Train - Spanish Town SkaBeats」は、バスタープロダクションの真髄とも言えるキラーボーカルスカにして、アルバム初収録。そのほか、ブラックモスリム、黒人解放運動の盟友モハメド・アリ「Prince Of Peace」の別テイクやドン・ドラモンドの未発表曲等、世界初の音源化を多数収録した、ロッカシャッカ渾身の作品にして、プリンス・バスターのスピリットが冴え渡る最高のスカ・セレクション!

    ※2LP版はCD版と曲順が異なります。
    • 前の記事へ

      ELE-KING最新号はエレクトロニック・ミュージックに浸透し、拡大しているDUBの現在をレポートした最先端音楽の大特集!

      REGGAE

      2019.11.06

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      2019年クラブミュージックのハイライト!RAも絶賛したTAPES + 7FOによるハイパーエレクトロニックDUBセッション!

      REGGAE

      2019.10.29

    • 一覧へ戻る