ロックステディ期を代表する名ギタリストLynn Taittの最後の録音と言われる曲と、Matt Soundsの秘蔵音源が両A面7インチで発売!

  • REGGAE
  • ニュース

2020.06.22

  • LINE

  • メール
※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。
※ご予約頂いても商品がご用意できない場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。


Side A ロックステディ期の大功労者がギタリストのリン・テイト。数年前のギター・マガジンでも生前のインタヴューが取り上げられたほどの絶対的な名ギタリストである。原曲は67 年に5 週連続でビルボード・チャートNo.1 シングルとなったLulu の「To Sir with Love」。ビートルズやモンキーズを出し抜いてビルボード年間1位。ジャクソン5 やアル・グリーンなど多くのアーティストもカヴァーした超名曲のインスト・カヴァー。リンの『Rock Steady Greatest Hits』にも収録されているが、これは2006 年に映画『Ruffn' Tuff』のサントラ用にカナダの自宅スタジオで録音され、最後の録音と言われる。14 年の時を経て遂にアナログ化!

Side AA リロイ・シブルス、カールトン&ザ・シューズ、キース&テックス、ストレンジャー・コール、BB シートンなど多くのジャマイカのレジェンド達と共演してきた実力派Matt Sounds が、ついに3 枚目の7インチを発売!曲はDRY & HEAVY やThe Minimalize など幅広く活動する外池満広のオリジナル曲「Chain」。Matt Sounds によるジャマイカン・オールディーズを彷彿とさせる絶品のアレンジにホーンセクションが絡む。

限定カラー盤(クリア・グリーン)

最新ニュース