スカ黄金期1964-65年のトップ・チューンを収録!ROCKA SHACHAからスタジオワンを代表するコンピが公式再発!

  • REGGAE
  • ニュース

2020.10.30

  • LINE

  • メール
ウェイラーズ「SIMMER DOWN」「HOW MANY TIMIES (DO YOU REMEMBER)」、ジャッキー・オペル「PUSH WOOD」「SIT DOWN SERVANT」等、1964~65 年、スカ黄金期のトップチューンを収録した、コクソン/ スタジオ・ワンを代表するスカ・コンピレーション。アンディー&ジョーイ「WONDER NO MORE」は、スペシャルズやエイミー・ワインハウスがカバーした永遠のスカ・クラシック「YOU'RE WONDERING NOW」の続編。WILLIE MITCHEL のカバー「20-75」は、オリジナルのLPバージョンから、より完成度の高い7インチ・バージョンへ差し替えている。ドン・ドラモンド「HEAVEN & EARTH」は、オリジナルLP、再発ともに「ROLL ON SWEET DON」とミス・クレジットされたいたが、こちらが正式タイトルである。CD には、同時期の録音である、ブルー・ビーツ、ゲイラッズ、スカタライツのレア・スカを4曲追加。




  • 前の記事へ

    ベース・ミュージックの原型として近年再評価されている90年代UK ROOTSの傑作が公式再発!

    REGGAE

    2020.10.30

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    人気の日本のラヴァーズ・ロック専門レーベルIT'S A ROMANCE PRODUCTION第二弾はフランキー・パリスの愛らしい極上チューン!

    REGGAE

    2020.10.28

  • 一覧へ戻る

最新ニュース