久保田麻琴プロデュース、「コーヒー・ルンバ」の衝撃ダンドゥット・カヴァーが初7インチ化!

  • REGGAE
  • ニュース

2020.09.10

  • LINE

  • メール
※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。
※ご予約頂いても商品がご用意できない場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。


インドネシアの男女ボーカルデュオ、チャンプルー・DKIの1990年作。インドネシア本国でミリオンヒットを記録した「コーヒー・ダンドゥット」と、映画『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』の挿入歌にもなった「ダンドゥット・レゲエ」をカップリング!

インドネシアの大衆歌謡=ダンドゥットの歌手として活動していたFahmy ShahabとHetty Sundjayaによるユニット、チャンプルー・DKI。久保田麻琴がプロデュースをつとめ、サンディ&サンセッツのメンバーが参加した1stアルバム『Campur DKI』収録のキラー・チューンが初アナログ化です。サイドAは、ベネズエラの作曲家Jose Manzo Perroniが1958年に制作した楽曲を元に、日本でも井上陽水や西田佐知子をはじめ、様々なアーティストがリバイバル・ヒットさせてきた説明不要の名曲「コーヒー・ルンバ」のカヴァー「コーヒー・ダンドゥット」。アラブ~インド音楽の要素と東南アジア独特の喧騒感、ダンサブルなビートにラップ風パートまで飛び出す強烈な1曲です!サイドBは、'92年公開『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』の劇中で使用された「ダンドゥット・レゲエ」を収録。妖艶な女性ボーカルがレゲエのリズムに載せてサイケデリックに浮遊するこちらもキラー・ナンバーです。久保田麻琴氏によるリマスタリング音源を採用しています。