モデルで活躍する『KAYO』、SOULCRAP や様々なセッションで活躍する『IPPEI』が活動名義を「P.A RHAPSODIES」と改めデューク・エリントンの名曲「CARAVAN」をカバー!

  • REGGAE
  • ニュース

2021.04.15

  • LINE

  • メール
※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。
※ご予約頂いても商品がご用意できない場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

モデルで活躍する『Kayo』、Soulcrap や様々なセッションで活躍する『Ippei』が活動名義を「P.A Rhapsodies」と改め、江川ゲンタ( オルケスタ・デ・ラ・ルス)、外池満広(DRY&HEAVY)、TOMOHIKO HEAVYLOOPER(SUPER BUTTER DOG) を迎えた待望の限定7インチシングル!

日本のラテン歌謡史に輝かしく残るであろうニュー・アンセムがここに誕生!!!ダビーかつ甘美なラテン基軸のサウンド・メイクと妖艶な歌声、独特の詩世界で完璧に魅了する名曲「トラガアメ」と、対をなすように軽やかで華やかなデューク・エリントンの名曲「CARAVAN」の極上サルサ・カバーの2曲を収録!!!

■P.A Rhapsodies
(P)arking (A)rea Rhapsodiesのボーカリストである「坂田かよ」がマイクを握ったのは2018年のことだ。これまで、モデルとしてパリコレに起用されるなど、第一線で活躍しながらも、DJとして、川村かおり、中村達也らと伝説のロックイベント「696」を主催。2018年、Soulcrap のギタリスト「清水一平」と出会い Blue Period 名義でその活動をスタートさせると、2019年10月 、1st Single「 Travelin' High」をリリース。13ヶ所のリリースツアー後には「Travelin’High」ツアーライブ盤「live & poets」(Special Editionとして、山崎円城氏/ F.I.B JOURNAL と新たにスタジオ録音した2曲も収録)をリリース。

2020年10月、活動名義を「P.A Rhapsodies」と改名し、坂田かよ(Vo)、清水一平(G)の2人は、より自由な編成で精力的に活動を続ける。2021年2月、江川ゲンタ(オルケスタ・デ・ラ・ルス)、外池満広(DRY&HEAVY)、TOMOHIKO HEAVYLOOPER(SUPER BUTTER DOG)を迎え、P.A Rhapsodiesとして初のレコーディングを開始した。空気を閉じ込め、景色を描くように、走る。過去とも未来とも、現在とも又違うどこかへ向かうサウンドメイクと詩が特徴的である。


最新ニュース