MAHLER: SYMPHONY NO.2

CLAUDIO ABBADO クラウディオ・アバド

1964年アバドのザルツブルク・デビュー

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

1,980円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
MEMORIES
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
MR2464
通販番号
1006904306
発売日
2015年11月30日
EAN
4562484884645
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

2014年に惜しくも逝った巨匠アバド。最晩年は見る影もなく痩せてやつれて、それでも命を削るがごとくに世界中で指揮棒を振り続けました。そのアバドの国際的キャリアの嚆矢となった超名演が、1965年ザルツブルク音楽祭における、この「復活」です。当時アバドは32歳で、ウィーンフィルを指揮するのも初めて、ザルツブルク音楽祭への出演も初めてという一人の青年指揮者でした。演奏は、音盤で聴ける最も燃えたアバドと断言して偽りなく、「復活」は巨匠の得意曲ですが、後年の調和最優先志向とは異なる戦うアバドの姿が刻印されております。演奏も決して滑らかな道のりではなく、冒頭はゴソゴソとした違和感を隠そうともせず、次第に体温が温まり熱狂に突き進んでいきます。
1965年のウィーンフィルはまだまだローカル・カラーを色濃く持ち、一聴瞭然の木管の懐かしい響き、時折見せるポルタメントなど、「ワルター」と直結する音色が楽しめます。この成功でアバドは次代の覇者と目され翌年にはベルリン・フィルに初登場、絶対的名声を獲得します。長らく入手不可能だった名演が1枚に収まって待望のリリースです。音質もモノラルですが良好です。 (輸入代理店提供資料より)