WINGS OVER AMERICA (COLORED 3LP)

PAUL MCCARTNEY & WINGS ポール・マッカートニー&ウィングス

ビートルズ・フェア 2019対象商品

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

8,800円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
UNIVERSAL
国(Country)
IMPORT
フォーマット
LP(レコード)
組数
3
規格番号
772-8879
通販番号
RC190527PMLP01
発売日
2019年07月12日
EAN
0602577288791
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

76年ライヴ盤が半透明レッド/グリーン/ブルー・ヴァイナル仕様で3LPアナログ・リイシュー!

オリジナル・アルバムは、PAULにとって初のライヴ・アルバム。『VENUS AND MARS』のヒットを受け、75年9月から76年10月まで繰り広げられた世界ツアー「WINGS OVER THE WORLD TOUR」の中から、76年5月および6月に行なわれたWINGS初の北アメリカ・ツアーにおけるベスト・テイクを纏めたライヴ・アルバム。

合計で約60万人を動員した26都市・31公演からのベスト・テイクを編集したもので、BEATLESナンバー5曲を含めた全28トラックを収録してます。"VENUS AND MARS / ROCK SHOW / JET"のメドレーでスタートする熱狂と感動のレパートリーは、編集盤というよりもまるで単一パフォーマンスかのような仕上がり。当時バンドとして乗りに乗っていたWINGSの最高の瞬間を捉えた傑作です。全米1位、全英8位を記録。

PERFORMED BY:
PAUL MCCARTNEY: VOCALS, BASS GUITAR, PIANO, ACOUSTIC GUITAR
LINDA MCCARTNEY: VOCALS, KEYBOARDS
DENNY LAINE: VOCALS, ELECTRIC GUITAR, ACOUSTIC GUITAR, PIANO GASS, GOB IRON
JIMMY MCCULLOCH: VOCALS, ELECTRIC GUITAR, ACOUSTIC GUITAR, BASS
JOE ENGLISH: DRUMS, VOCALS
TONY DORSEY: TROMBONE
HOWIE CASEY: SAXOPHONE
STEVE HOWARD: TRUMPET, FLUGELHORN
THADEUS RICHARD: SAXOPHONE, CLARINET, FLUTE

PRODUCED BY: PAUL MCCARTNEY







【特典付きフェア】


ビートルズ・フェア 2019




■特典条件

期間中、対象商品を 税込10,000円以上 まとめてご予約/ご購入で

アビーロード 立版古」 を差し上げます。


※ONLINE SHOPでご購入の際は、
カート内の通信事項欄に「ビートルズ・フェア 2019 特典希望」とご記入の上お進みください。


■実施期間

2019年9月27日 ~ 2019年11月30日
(ONLINE SHOPでご注文のご予約商品は期間前から特典の対象となります。また期間内でも特典が無くなり次第 終了となる場合がございます。)

■特典詳細

ザ・ビートルズ / アビーロード
立版古ペーパージオラマ組み立てキット

パッケージサイズ:260x260mm (10"レコードサイズ)
完成サイズ:120x120x76mm (CDプラケースのインナージャケットサイズ)

一枚の絵を切り抜いて組み立てる「元祖日本のペーパージオラマ」シリーズに、ロックの歴史的一枚が登場!! 実際のアルバムアートワークでは見えていない左右の背景まで再現したファン必携のクラフトです。





立版古とは
立版古(たてばんこ)、「たてはんこ」ともいう。江戸時代に錦絵のなかの「おもちゃ絵」のひとつとして広く楽しまれたもの。「立てる版古(錦絵)」という名の通り、錦絵を切って組立てて楽しむものだが、組み上げた時の想像以上の立体感、パノラマ感の驚き、楽しさはまさに立版古ならでは。多くは歌舞伎の芝居、舞台をミニチュア化したものであったり、風景、名所、風物などを模写したものなどが多かったようで、かつては千種類以上のものがつくられていたのではないかとも言われている。そんな立版古も何故か20世紀初頭、大正時代あたりを最後にほぼ消えていってしまう。盛んに親しまれていた江戸時代からのものも、現存するものは非常に少なく、まさに幻の存在となってしまった。

現在ペーパークラフトとして親しまれている優れた立体モデルに比べて、立版古の面白さは、その「単純さに反しての視覚効果」や「誇張されたパース」といった不思議さ、面白さにあると思われ、基本は舞台の「書き割り」に近い視覚効果で出来上がっている。また組立てられないままの原紙、原判として残されているもののもつ「パーツ配置、デザイン」などの独特の「グラフィック」を眺めるのも立版古の大きな楽しみのひとつ。当時のものを見る機会は限られてしまうが、現在でもコレクター、研究者などの手元に残る貴重な物を、複製組立てして展覧会、書籍などでわずかに見ることが出来る。

ソングリスト

Disc 01

  • 1. Venus And Mars / Rock Show / Jet [Side A]
  • 2. Let Me Roll It [Side A]
  • 3. Spirits Of Ancient Egypt [Side A]
  • 4. Medicine Jar [Side A]
  • 5. Maybe I'm Amazed [Side B]
  • 6. Call Me Back Again [Side B]
  • 7. Lady Madonna [Side B]
  • 8. The Long And Winding Road [Side B]
  • 9. Live And Let Die [Side B]

Disc 02

  • 1. Picasso's Last Words [Side C]
  • 2. Richard Cory [Side C]
  • 3. Bluebird [Side C]
  • 4. I've Just Seen A Face [Side C]
  • 5. Blackbird [Side C]
  • 6. Yesterday [Side C]
  • 7. You Gave Me The Answer [Side D]
  • 8. Magneto And Titanium Man [Side D]
  • 9. Go Now [Side D]
  • 10. My Love [Side D]
  • 11. Listen To What The Man Said [Side D]

Disc 03

  • 1. Let 'Em In [Side E]
  • 2. Time To Hide [Side E]
  • 3. Silly Love Songs [Side E]
  • 4. Beware My Love [Side E]
  • 5. Letting Go [Side F]
  • 6. Band On The Run [Side F]
  • 7. Hi, Hi, Hi [Side F]
  • 8. Soily [Side F]