ファースト・アルバム

FUGS ファグス

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,571円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 特典終了
  • 紙ジャケ
レーベル
ハヤブサランディングス
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
HYCA-2045
通販番号
RT110427-ESP-01
発売日
2011年07月26日
EAN
4571167363452
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ニューヨーク・アンダーグランド草創期の雄、伝説のビート詩人たちのバンド ザ・ファッグスの初期音源日本初登場!

オリジナル紙ジャケ仕様で日本独自のボーナス・トラック収録。

ザ・ファッグスは1964年ニューヨークで3人のビートニク世代の詩人エド・サンダース、テューリ・カッパバーグ、ケン・ウィーバーらが中心となり結成された伝説のグループ。マイナーデビュー後、1966年ESPレーベルより1STアルバムのリイシューと2NDアルバムをリリース。グリニッジ・ヴィレッジを中心にライブ活動をしていたが、後にはフィルモア・イーストなどでもライブを行った。そのころ同じくビート族のアレン・ギンズバーグやレーベルメイトのホーリー・モーダル・ラウンダーズらと共演した。彼らの歌の根底にあるのは、ヒッピー、ドラッグ、セックス、そして反戦である。60年代後半にはレーベルをメジャー系リプリーズに移し、音楽的にはさらにポピュラリティーに富んだバンドとなり、いまでも世界中で多くの支持を集めている。

今回は、そんな彼らの代表作である1ST、2NDに日本独自のボーナストラックを追加しオリジナルジャケットを限りなく再現しての再発となる。なお、テューリ・カッパバーグは、2010年12月23日に86歳でこの世を去った。

ザ・ファッグス「ファースト・アルバム」
THE FUGS FIRST ALBUM

フリーク・アウト・サウンド満載のデビュー作。このアルバムは当初マイナーレーベルBROADSIDEより発表され一部で注目を受け、すぐに新鋭レーベルESPレーベルと契約後、再発された歴史に残る大名盤。アシッド・フォーク色が強いが、ヨーデルなど音楽的にも多彩な面が発揮され聞き応え充分な内容。アメリカでのCDによる再発時には、11曲のボーナス・トラックが追加されたが、今回の日本盤紙ジャケ化では、さらに1STアルバム録音時の未発表テイクが3曲追加される。

収録曲
1 SLUM GODDESS
2 AH, SUNFLOWER WEARY OF TIME
3 SUPERGIRL
4 SWINBURNE STOMP
5 I COULDN'T GET HIGH
6 HOW SWEET I ROAMED FROM FIELD TO FIELD
7 CARPE DIEM
8 MY BABY DONE LEFT ME
9 BOOBS A LOT
10 NOTHING

BONUS TRACKS
ADDITIONAL STUDIO MATERIAL

11 WE'RE THE FUGS
12 DEFEATED
13 THE TEN COMMANDMENTS
14 C.I.A. MAN
15 IN THE MIDDLE OF THEIR FIRST RECORDING SESSION THE FUGS SIGN THE WORST CONTRACT SINCE LEADBELLY'S
16 I SAW THE BEST MINDS OF MY GENERATION ROCK
17 SPONTANEOUS SALUTE TO ANDY WARHOL SONGS FROM THE "NIGHT OF NAPALM" - LIVE AT THE BRIDGE THEATER, ST. MARK'S PLACE (1965)
18 WAR KILLS BABIES
19 THE FUGS NATIONAL ANTHEM
20 THE FUGS SPAGHETTI DEATH (NO REDEMPTION NO REDEMPTION)- A GLOP OF SPAGHETTI FOR ANDY WARHOL

>FROM THE TULI TAPES

21 RHAPSODY OF TULI

日本盤ボーナス・トラック
>FROM ALTERNATE TAKES FROM THE FUGS FIRST FOLKWAYS SESSIONS APRIL 1965

22 SUPERGIRL(THE WRITE UNDERWATER VERSION)
23 AH,SUNFLOWER,WEARY OF TIME
24 I'M GOING TO KILL MYSELF OVER