ATLANTA STADIUM 1965 / アトランタ・スタジアム 1965

BEATLES ビートルズ

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,484円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ETERNAL GROOVES
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
EGSH-0013
通販番号
RY171003BT01
発売日
2017年11月17日
EAN
4589767510138
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

チェコ・プレスEU直輸入仕様/日本語帯付

1965年アトランタの巨大スタジアムでの熱狂的コンサート!

★1965年8月18日、ロック史上空前規模のアトランタ・スタジアム公演!
★シェイの僅か3日後・・ビートルズのライヴ史上でも一二を争う超弩級熱演!
★圧巻!最新設備のスタジアムでポールが爆発!ジョンがシャウト!
★現存する最上級のヴィンテージ・マスター音源からリマスターで登場!

ロック史上前人未到の巨大会場ツアーとなった1965年夏の北米公演旅行。当時最新設備を備えて完成したアトランタ・スタジアムは、構内放送程度の音響設備しかなかった他会場とは違い観客やビートルズ自身にも演奏の音が届いていたようで、そんないつにない好条件でのライヴにメンバーもノリノリ!

1曲目の"TWIST AND SHOUT"から素晴らしい演奏を繰り広げ特にポールの出来は素晴らしく本公演の"SHE'S A WOMAN"や"I'M DOWN"はコアなマニアからは全ビートルズライヴ史上最高の演奏と評価されるほど。MCの言葉に反応する観客にジョンも思わず「聞こえてるんだ?! グレート!」と"I FEEL FINE"や”涙の乗車券”で切れ味鋭いシャウトを聴かせてくれます。そうなると相乗効果で、ジョージの歌う"みんないい娘"も最高の出来となり、毎ステージ恒例のリンゴが歌うコーナーでは、シェイ・スタジアムでの"アクト・ナチュラリー"から曲目変更して"彼氏になりたい"が久々の登場。これがまた凄まじい演奏となりノリ過ぎたポールはベース弦を切ってしまうハプニングも!結果、毎回彼等にこんな環境でライヴして貰いたかった・・というビートルズ屈指のライヴ・パフォーマンスとなりました。

当時このコンサートはラジオ放送された記録がなくミキサー卓経由で録音されたマスターが大元になっていますが残念ながら「DIZZY MISS LIZZY」に一部カットが為されています。また本ツアーで毎回演奏されていた"A HARD DAY'S NIGHT"がないのはポールの弦切れ中断によりカットされたのか、実際に演奏されなかったのか・・永遠の謎のままです。

そんなビートルズ全米ツアー中屈指のノリノリ・ライヴとなったアトランタ公演を、現存する最長尺・最上級のヴィンテージ・マスター音源からのリマスタリングによりかつてない高音質にて収録。更に、米国初上陸を果たした’64年2月のTVショウから6曲をボーナス収録!

彼らのリアルなパフォーマンスを赤裸々に今に伝える、ETERNAL GROOVESからのビートルズ・ライヴ・シリーズ、第7弾!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ


T.1-12:“ATLANTA ‘65” LIVE AT ATLANTA STADIUM, ATLANTA, AUGUST 18TH 1965
T.13-19:“BONUS TRACKS ’64” ED SULLIVAN SHOW, MIAMI, FEBRUARY 16TH 1964

ソングリスト

  • Introduction
  • Twist And Shout
  • She's A Woman
  • I Feel Fine
  • Dizzy Miss Lizzy
  • Ticket To Ride
  • Everybody's Trying To Be My Baby
  • Can't Buy Me Love
  • Baby's In Black
  • I Wanna Be Your Man
  • Help!
  • I'm Down
  • Introduction
  • She Loves You
  • This Boy
  • All My Loving
  • I Saw Her Standing There
  • From Me To You
  • I Want To Hold Your Hand