JACK THE RIPPER / ジャック・ザ・リッパー

LINK WRAY & THE WRAYMEN リンク・レイ・アンド・ザ・レイメン

  • CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

1,620円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 紙ジャケ
レーベル
オールデイズ・レコード
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
ODR6784
通販番号
RY190425OLD04
発売日
2019年04月29日
EAN
4582239487846
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

<60'S GARAGE ROCKIN' OLDAYS>
ジミー益子監修 オールデイズ・レコード PRESENTS『60'S ガレージ・ディスク・ガイド』連動リイシュー・シリーズ第23弾

“ロックンロールのヤバさ”を体現するギタリスト、リンク・レイの初期音源決定盤!

リンク・レイについてはいまや改めて紹介することもないほど極めて重要なロック・ギタリストだ。そのノイジーで不穏なギターの響きはロックンロールの持つヤバさそのものだ。しかし、1987年に英エースから「EARLY RECORDINGS」(CH 6)、「GOOD ROCKIN' TONIGHT」(CH 69)がリリースされるまでは、ここ日本ではその名前を聞いたり、目にしたりすることはあまりなかったように思う。お前が知らなかっただけだろ、と言われればそれまでだが、白人ロックンロール・ギタリストとして人気も評価も高かったのはエディ・コクランやクリフ・ギャラップ、ジェームス・バートンなどの華麗なテクニシャンたちだった。しかし、前述のアルバムとともに、日本でも1980年代末のネオ・ロカビリー・ブームで、ロバート・ゴードンのファースト、セカンド・アルバムも再評価され、それとともにドスの効いたレイのギターの知名度と人気が急速に高まったように思う。華麗ではない、ただただ危険な匂いを漂わせるギター・プレイ。頭に血が上ったチンピラがナイフを振り回すようなヤバいフレーズ。その頂点がスワン・レーベルを中心とした1962~66年の音源だ。~解説より

解説:ジミー益子

ソングリスト

  • 01. MR. GUITAR
  • 02. MY BETH
  • 03. DEACON JONES
  • 04. STEEL TRAP
  • 05. CROSS TIES
  • 06. JACK THE RIPPER
  • 07. FAT BACK
  • 08. RUN CHICKEN RUN
  • 09. DINOSAUR
  • 10. BIG BEN
  • 11. MASH POTATO PARTY
  • 12. RUMBLE
  • 13. THE BLACK WIDOW
  • 14. WEEK END
  • 15. TURNPIKE U.S.A.
  • 16. THE SWEEPER
  • 17. RUN CHICKEN RUN(SINGLE VER.)
  • 18. THE SHADOW KNOWS
  • 19. MY ALBERTA
  • 20. DEUCES WILD
  • 21. SUMMER DREAM
  • 22. GOOD ROCKIN' TONIGHT
  • 23. I'LL DO ANYTHING FOR YOU
  • 24. I'M BRANDED
  • 25. HANG ON
  • 26. GIRL FROM NORTH COUNTRY
  • 27. YOU HURT ME SO
  • 28. THE FUZZ
  • 29. ACE OF SPADES(1965 VER.)
  • 30. BATMEN THEME
  • 31. ALONE
  • 32. ACE OF SPADES(1962 VER.)
  • 33. HIDDEN CHARMS