THE MODERN LOVERS (COLORED 180G LP)

MODERN LOVERS

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,080円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
レーベル
MUSIC ON VINYL
国(Country)
EU
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
MOVLP1681
通販番号
RY190607ML01
発売日
2019年06月11日
EAN
8719262010758
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

76年リリースの72年デモ音源、事実上の1STアルバムがシルヴァー・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

VELVET UNDERGROUNDの追っかけとして激しくも脱力した青春を過ごし、NYでVUのマネージャーの元に居候までした19歳のJONATHAN RICHMANによって70年に地元ボストンで結成。ヴォーカル/楽曲ともに永遠の猫撫でミャーミャー・ハナ唄ナヨ声を発し続け、その後の全てのUSのみならず世界のロック・バンドに影響を与えまくった希代のプロト・パンクスMODERN LOVERS。

76年8月リリース、バンド単独名義の事実上の1STアルバムとされる『THE MODERN LOVERS』は、実際にはバンド最初期72年録音("HOSPITAL"のみ71年)のデモ・セッション集で、JOHN CALEのプロデュースによる6曲を含む第1期MODERN LOVERSを捉えた原初の傑作。JONATHAN RICHMAN本人は76年7月リリースの第2期新生MODERN LOVERSによる正規1STアルバム『JONATHAN RICHMAN AND THE MODERN LOVERS』をこそ自身の1STと捉えていますが、これはこれで いまだ思春期を引きずった青年JONATHANのスリリングな青春の位相が真空パックされた貴重な録音となっています。

VUオタク時代に浴びまくった衝撃の名曲"SISTER RAY"から着想を得たというクラシック・ツー・コード・アンセム"ROADRUNNER"をはじめ、DOORSライクでMYSTERIANSライクなオルガンもクールに響く"ASTRAL PLANE"や"OLD WORLD"、JOHN CALE自身が75年作『HELEN OF TROY』で取り上げたVUチルドレンなのかVUペアレンツなのかな"PABLO PICASSO"、のちのジャングリー・インディー・バンド全ての手本となった"SHE CRACKED"に、ロマンティックにモダーンなラヴァーを歌う"GIRL FRIEND"などなど、VELVET UNDERGROUNDが漂わせた知的で都市的なアート・パンク性を、よりDIYな形で素人くさく郊外型に結実させた全9曲。ミニマルで単純なスリー・コード・ロックンロールが詰まりに詰まった JONATHAN RICHMANにしてはハードな仕上がりの、バンド史で唯一かもしれないリアル・パンク・ロック・アルバムです。


、、、71年初頭にはほぼ固まっていたオリジナルの面子、のちにCARSに参加するDAVID ROBINSON、のちTALKING HEADSに参加するJERRY HARRISONらを率い行ったボストンやNYでの初期パフォーマンス。そんなステージを通じてすぐにWARNER BROTHERSやA&Mの興味を引いたバンドですが、WARNERがセッティングした71年後半ボストンでの"HOSPITAL"の録音を経て、72年4月には両レーベル用のデモ・セッションのためにLAへとニャオニャオ飛来。WARNER側ではプロデューサーとして用意されたバンドの憧れJOHN CALEとともに6曲を録音しています。とはいえ結局どちらとサインすべきか決められないままバンドはボストンへとニャオニャオ帰還。さらに数曲をKIM FOWLEYのオーガナイズの元、STUART 'DINKY' DAWSONのプロデュースで残しています。

そして73年初頭には正式にWARNERと契約し、JOHN CALEプロデュースのデビュー・アルバムに向けて動き出したものの、バンド内の衝突と すでにこの時点でアグレッシヴでハード・ロッキンな初期のサウンドからシフトしより緩い50年代的アプローチへと興味が傾いていたJONATHAN自身の方向性、そしてセッション期間中の友人GRAM PARSONSの死(その前日には一緒にミニ・ゴルフをプレーしレコーディングについて議論していたとのこと)という衝撃もあり、計画は未完で終わりレーベル契約も解除、オリジナルMODERN LOVERS自体も74年初頭には解体しています。

その後JONATHANはかつてのLAでのセッションにも関わった元A&MのMATTHEW KAUFMANが起ち上げたのちのBESERKLEY RECORDSと74年後半にソロ契約。シングルのリリース等を経て、新たなラインナップのMODERN LOVERS結成へと至ります。76年になって正式なデビュー作『JONATHAN RICHMAN AND THE MODERN LOVERS』を発表したのは7月のことでしたが、このタイミングでKAUFMANはかつての"ROADRUNNER"などCALEプロデュースを含む72年のデモ録音を纏め上げ、間髪入れずの8月に『THE MODERN LOVERS』としてリリースしています。

ナンバリング入り3500枚限定盤。

ソングリスト

  • 01. Roadrunner
  • 02. Astral Plane
  • 03. Old World
  • 04. Pablo Picasso
  • 05. She Cracked
  • 06. Hospital
  • 07. Someone I Care About
  • 08. Girl Friend
  • 09. Modern World