CLASSIC PRODUCTIONS BY SURIN PHAKSIRI: LUK THUNG GEMS FROM THE 1960S-80S / スリン・パークシリの仕事:特選ルークトゥン集1960S-80S (CD)

V.A. (SURIN PHAKSIRI) V.A. (スリン・パークシリ)

特典:ステッカー

  • CD
  • 予約

2,700円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 特典付
レーベル
エム・レコード (em RECORDS)
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
EM1185CD
通販番号
RY190628SP01
発売日
2019年08月23日
EAN
4560283211853
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

EM + SOI48のタイ音楽シリーズ最新作は待ってました! 「キング・オブ・インターナショナル・ソング」の異名を持つ奇才、スリン・パークシリの仕事集。面白けりゃなんでも良し、無節操こそが肝!の雑食爆弾ポップス、タイの国民的音楽ルークトゥンのコレクション! JUU『NEW LUK THUNG』元ネタも収録!!!

今年で5年目になるEM + SOI48のシリーズで、時の来るを待っていた秘蔵ネタ、スリン・パークシリ仕事集を遂に出す日がきた(涙)!

スリンさんはタイ東北部イサーン出身、タイのポップス制作者の旗印となる先端(変態)キラーを度々送り出した発明家的なプロデューサーであり、タイ音楽を一人でグイグイ発展させてきた偉人。売ることより変わったことをしたい生粋のレコード・マンであり、確かな批評眼でタイ音楽の隆盛を見てきた生ける音楽ライブラリーでもある。

今回はスリン先生が手掛けた沢山のルークトゥン曲からまことの<スリンらしさ>を主張する無節操ごちゃ混ぜ12曲を選抜。その結果、プレーン・プロムデーンやワイポット・ペットスパンらラオス系大物歌手を起用したこれぞ王道ルークトゥン!というラオス系賛歌から、JUU 『NEW LUK THUNG』でもサンプリングされたカワオ・シアントーンのガンジャ・チューンとカヴァー曲のオリジ版、ボリウッドや日本の民謡・歌謡のカヴァー、怪しげでやたらにエキゾなインディアン・ルークトゥン、盟友サマイ・オーンウォンと組んだタイ・ファンクのプロト・タイプ、超DOPE なレー(*2)やラムウォン(*3)というルークトゥン総合カタログとなった。『TRIP TO ISAN』本やトークで何度も伝えてきたスリンさんの魅力がここで一挙体験できます!今回も全て訳詞付き。解説と装丁はもちろんSOI48。

●M6.「カワオ・シアントーン/ 大麻竹」
『JUU / ニュー・ルークトゥン』収録「 ラー・ウーイ・ラー」(M3)の元ネタ
●M12. ワイポット・ペットスパン「田んぼ沿いのラム」
『JUU / ニュー・ルークトゥン』収録「 YUM KLOM THUNG~ハナと僕の道」(M6)と同じ曲のカヴァー。
※双方カヴァー・ヴァージョンで、オリジナルはパイリン・ポーンピブーン『LAM KLONG TUNG』[EM1147CD/LP]に収録。

*注
1)ルークトゥン:“田舎の子”、“田舎者の歌”の意を持つ音楽ジャンル。1960年代半ばに確立し、現在はタイのナショナル・ミュージックとして継承される歌謡音楽。歌詞を特に重視する。特定の音楽形式がないため雑食性が高い。
2)レー:仏教教典が僧侶の説法を経て歌謡化したタイ独自のジャンル。制限された音節で即興的に歌っていく話芸で高い技量を必要とするためレーができる歌手はリスペクトされる。
3)ラムウォン:国威掲揚のためタイ政府が1940年代に制定した創作民謡の性格の強い音楽。日本の盆踊りのような輪踊りが特徴で労働者階級で流行した。タイ民謡のメロディーを西洋音楽風に改編したものと、踊れる音楽ならジャンルを問わず何でもラムウォンと呼んで踊ったもの、2つの意味・用法がある。

選曲・解説:SOI48
マスタリング:倉谷拓人(RUV BYTES)
装丁デザイン:高木紳介(SOI48)

CD版:通常ジュエルケース/28頁ブックレット封入
日本語・英語ライナー/完全訳詩掲載

特典詳細情報

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『V.A. (スリン・パークシリ) / スリン・パークシリの仕事:特選ルークトゥン集1960S-80S (CD)』 をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル 『スリン・パークシリ』 ステッカーを差し上げます。


100×53mm


ソングリスト

  • 01. ブッパー・サーイチョン 「恋を風に乗せて届ける」
  • 02. スミット・サッチャテープ 「愛への飢え」
  • 03. カワオ・シアントーン 「新居のシミュレーション」
  • 04. バンチョップ・チャローンポーン 「これ以上しゃべらないで」
  • 05. リアム・ダーラーノーイ 「ドキドキする」
  • 06. カワオ・シアントーン 「大麻竹」
  • 07. ブッパー・サーイチョン 「歩いて見せる」
  • 08. ダンチャーイ・ソンタヤー 「死にたい」
  • 09. ダム・ダーンスパン 「熟した恋」
  • 10. プルーン・プロムデーン 「メコン川の子に口説く」
  • 11. スマリー・セーンソット 「桜があなたを待っている」
  • 12. ワイポット・ペットスパン 「田んぼ沿いのラム」