CITIZEN MAC / シティズン・マック 1990

FLEETWOOD MAC フリートウッド・マック

  • CD
  • 取引先新品在庫あり
  • (3日~7日後に発送)

3,410円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
ヴィヴィド・サウンド
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
組数
2
規格番号
VSCD-4632/3
通販番号
XAT-1245778191
発売日
2024年02月21日
EAN
4540399323275
  • LINE

  • メール

商品詳細情報


良質なライブ音源をセレクトするシリーズ、トレジャー・アーク!
90年の「Behind the Mask Tour」から、英国マンチェスター公演を収録。
ツイン・ギター編成によるライヴ・バンド然とした時代の熱いライヴ!


90年に行われた「Behind the Mask Tour」から、8月25日に英国マンチェスターのサッカー・スタジアム、メイン・ロードで行われたライヴをBBCの放送用音源でフル収録。


87年のアルバム『Tango In The Night』が大ヒット。4曲のシングル・ヒットも生まれたものの、ツアーに時間を取られること(とスティーヴィー・ニックスとの関係性)を嫌ったリンジー・バッキンガムが脱退。『Tango In The Night』のツアー(「Shake TheCage Tour」)は、リック・ヴィトーとビリー・バーネットという2人のギタリストが加入して行われた。のメンバー編成で作られたのが『Behind the Mask』(90年)だったが、バンドの音楽的頭脳ともいえるバッキンガムの不在が原因か、少しルーツ的な方向性に舵を切った作品となった。

そのツアーからの音源がこれだ。ツアーは90年3月23日にオーストラリアのブリスベンから始まり、2日間の日本公演を経て、5月の終わりから7月いっぱいまで北米を回り、8月の後半からヨーロッパを回った。そんな演奏もこなれた時期のライヴだ。アルバムの音楽性は賛否両論で、実際、セールス面も落ち込んだが、ツイン・ギター編成となったことで音に華やかさが増したし、バッキンガムと比べてかなり音数多く弾き倒すヴィトーのリード・ギターは、ライヴを盛り上げるための要素として大きな役割を担っている。セットリストは、なぜか新作の曲は少なめで、ヒット作からの曲を中心に構成。そんな中でピーター・グリーン時代のブルース曲が3曲も演奏されているのは、ギター中心の構成だからだろうか。今考えれば、ヒット曲と初期のブルース色が同時に楽しめる、美味しい時期と言えそうだ。



ソングリスト

Disc 001

  • 1.The Chain
  • 2.Dreams
  • 3.Isn’t It Midnight
  • 4.Oh Well
  • 5.Rhiannon
  • 6.Stop Messin’ Around
  • 7.Save Me
  • 8.Gold Dust Woman
  • 9.I Loved Another Woman
  • 10.Landslide
  • 11.World Turning

Disc 002

  • 1.Band Intros
  • 2.Everywhere
  • 3.Stand On The Rock
  • 4.Little Lies
  • 5.Stand Back
  • 6.You Make Loving Fun
  • 7.Go Your Own Way
  • 8.Tear It Up
  • 9.Don’t Stop
  • 10.More Band Intros