予約♪スペインのレーベルからマイナー・ハード系の良質作などがリイシュー!!

  • OLD ROCK
  • ニュース

2021.05.06

  • LINE

  • メール
 
アンノウンな70年代USアーリー・ハード・グループの音源集が登場!!

1972年に録音されたが、当時はリリースされなかったNOAHの素晴らしいUSハードサイケデリック・アルバム。NOAHの前身となるガレージ・サイケ・グループSOUND BARRIERのCDシングルと67年から71年にかけての未発表デモを含む最強の仕様!!

60年代後半にオハイオ州セーラムで、マーキーズとサウンド・バリアという2つのガレージ・バンドの残党から結成されたノアは、マーク・シェイリング(ギター&リード・ヴォーカル)、ラリー・デイビス(ドラムス)、ポール・ヘス(ベース&バックアップ・ヴォーカル)、ダニー・ホール(キーボード&バックアップ・ヴォーカル)の5人で構成。1972年、バンドはクリーブランド・レコーディング・スタジオで、エンジニア/プロデューサーのケン・ハマン(グランド・ファンク・レイルロードやジェームス・ギャングで有名)を迎え、コンセプト・アルバム『BRAIN SUCK』をわずか2日間でレコーディングしています。キラーなハモンドオルガン、ハードなギター、パワフルなボーカルを中心としたダークでヘヴィなサウンドが最高!!

このLPセッションは結果としてきちんとした形でリリースされることはなく(1995年にアル・シモネスが自身のレーベルHEAD RECORDSから、バンドの知らないところで、いくつかの曲をオミットし、SOUND BARRIERの後期のデモを追加したLPをリリースしたりしてます)、今回は「BRAIN SUCK」アルバムがバンドの本来の意図通りにリリースされる初めての機会となります!!マジでカッコいいです!!

*1972年に録音されたノアの「Brain Suck」のオリジナル・アルバム、1968年にリリースされたSOUND BARRIEの後期デモと、1967/68年にZOUNDS / UNITED AUDIOからリリースされた2枚のシングル、そして1971年にリリースされたクールな未発表のノアのホームデモが収録されています。
*STEVE KRAKOW (PLASTIC CRIMEWAVE)による貴重な写真とライナーノーツが掲載されたブックレットが付属

スウェーデン産の1979年、パワフルなツイン・ギターにプログレッシブ&サイケ・テイストを加えたプライベート・ハードロック・アルバムがアナログ・リイシュー!!

PLEBBは1976年にスウェーデンの小さな町、MÖNSTERÅSで結成。バンド名の由来は、最初のメンバーの苗字の頭文字をとったもので、「PEMCE」の「P」。"LEB "は "LEIF BERGQVIST "のことで、最後の "B "は "BALDER "を指しています。1977年、ギタリストのレイフ・ベルグクヴィストに代わり、ピーター・マーティンソンが加入。その時、彼らは自分たちの決定的なサウンドを形成し始め、先人に影響を受けつつもオリジナリティを発揮していきます。

カセットを録音して個人的に配布した後、ファースト・アルバムの録音を勧められた彼らは1979年、地元の友人であるバイカー・バンドらの屋根裏部屋や学校の空き教室など利用したその場しのぎのホームスタジオで本作を録音。そんな不安定な手段にもかかわらず、アルバムのクオリティはプロフェッショナルなサウンドをキープしています。このアルバムは、ベーシストのトミー・グスタフソンがプロデュースし、バンドの自主レーベルであるPLEBB RECORDSから485枚だけプレスされ、地元の友人やいくつかのレコードショップで販売されたそう。

これまでもハード系コレクターから熱烈に支持されていた素晴らしい内容の一枚!!とにかく色々なサウンドを聴かせるぶっといツイン・ギター・サウンドが最高に格好いいです!!

※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となります。お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。
※ご予約頂いても商品がご用意できない場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

1989年カセットのみでリリースされた。フリークアウト・ヘヴィ・サイケ作が初アナログ・リリース!!

MONSTER MAGNETの創設メンバーであるJOHN MCBAIN、DAVE WYNDORF、TIM CRONINに加え、SHAUNE KELLEY (RIPPING CORPSE)、JOE PAONE (HELLSAUSAGE)が参加した1989年のヘビーサイケデリック・アルバム。生々しいローファイ・サウンド、ファズワウ・ギター、原始人のようなドラム、エコーのかかったヴォーカル...本人ら曰く「俺たちはアモン・デュールにウリ・ジョン・ロスを加えたようなサウンドだった」

ACID REICHのカセットは,PLASTIC CRIMEWAVEことSTEVE KRAKOWによって発掘されたもので,MONSTER MAGNETとCOOL BEANSレーベルの起源を示すクールな証といえるもの。このレーベルは,マクベイン,クローニン,ウィンドルフの3人が,60年代のガレージ/フリークビート・サウンドや70年代のスペース・ハード・ロックへの造詣から自作の4トラック・カセット録音を実験的に行うためのもの。数台の4トラック・カセット・レコーダーと、オレンジやアンペグのヴィンテージ・アンプ、ファズやエコー・プレックス・ペダル、デネレクト・ギターなどを使って、多くのフェイク・バンドやサイド・プロジェクトが作られ、中には「メイン・バンド」であるDOG OF MYSTERY(MONSTER MAGNET前身)のリハーサルの合間に録音したものも。

ACID REICHは、彼らが「めちゃくちゃヘヴィで、奇妙で、生々しいやつ」を制作する目的でスタート。友人2人、ショーン・ケリー(デス/トラッシュ・メタル・バンド、リッピング・コープスのメンバーでもあったトップ・ギタリスト)とドラマーのジョー・パオネ(エクスペリメンタル/ノイズ・ソロ・プロジェクト、HELLSAUSAGE)を起用し、ピンク・フロイドの"Set The Controls From The Heart Of The Sun"のフリークアウトなカバーを含む、4曲のロング・トラックで構成されたカセットを制作、それが本作ということになります。

今回300枚限定仕様という少量でのヴァイナル・リリース!!
 
  • 前の記事へ

    到着♪CCM SSW、クリス・クリスチャンの名作群がボーナス・トラック付きでリマスターCD再発!!

    OLD ROCK

    2021.05.07

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    買取情報♪TOM WAITSレコード高価買取リスト公開しました!

    OLD ROCK

    2021.05.06

  • 一覧へ戻る