到着♪アラン・マンソン/フォーク・サイケ・デュオ、クーリー・マンソンの片割れが待望の2022年新作を自主制作盤でリリース♪

  • OLD ROCK
  • 予約ニュース

2022.10.24

  • LINE

  • メール

1972年に自主制作盤LPでリリースしたデビュー・アルバム『IN DEBT』がフォーク・サイケの激レア盤としてサイケ・ファンに有名なカリフォルニア州サンタバーバラ出身のビル・クーリーとアラン・マンソンによるデュオ、クーリー・マンソン。その片割れであるアラン・マンソンは70年代以降にソロ・アルバムを複数リリースしたことはマニアには知られており、2010年にもシンガー・ソングライター作品の「ロード・ゴーズ・オン」をリリースしてファンを喜ばしてくれました。2020年の奇跡とも言えるクーリー・マンソン名義のニュー・アルバムを経た2022年に全曲オリジナル作品でボーカル、全楽器を自身でプレイした待望の新作「アバウト・タイム」が遂に登場!

収録された内容は1970年代の各種ビンテージ・レコーディングのようですが、素晴らしいメロディー・メーカーとしての粒揃いの楽曲とジェントルな歌唱にメローで美しいギターが堪能できる佳作に仕上がっています。疾走感を感じるイントロで始まる「キャント・ルーズ」でアルバムは幕を開け、続く「カリフォルニア」ではきらめくような美しいメローなギターをバックにしたアランの歌唱がリスナーのハートに心地よく響き渡ります。哀愁感を帯びた歌唱と切なくなるような曲調にメローなギターのフレーズが至福の世界へと誘ってくれる「ネヴァー・ソー・ザット・ガール・アゲイン」。ビートルズの遺伝子を受け継いだと言いたいポップなサウンドとボーカルが素敵な「ジ・アンサー・イズ・イン・ユア・アイズ」。アルバムのハイライトと言えるキャッチーなメロディーとジェントルな歌唱が夢心地にしてくれる「セイリング・アウェイ」。

シンガーソングライター、ソフト・ロック、フォーク・サイケ、メロー・サイケ等の好きな方にお薦め。

*米国製ワレット仕様ジャケット

最新ニュース